読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010/8/7 チェコ旅行4日目


あいにくの雨。
昨日買ったバスのチケットが朝8時出発のため、早起きしなければならないと思い、3時半には目を覚ましてしまった。そっからうつらうつら6時まで、6時にチェックアウトする。カードで払おうとしたら何故か通らない。仕方がないのでユーロ現金を払う。受付の名札がアントンになってた。
イーペーパヴロヴァからフローレンスまで切符を買おうと思って、大荷物なので荷物分もいるかなと思ったらコインが足りない。紙幣は受け付けていない。近所のマクドナルドでお金を崩す。セットで400円ぐらい、味も同じ。ただ、ポテトがさつまいものような味。
切符を買って地下鉄に乗り、バス停に着く。7時。1時間待つ。隣に座ってるアメリカ人っぽいのがロンプラ読んでる。
長距離ノンストップバスなので、便所に行っておく。10コルナもする。中に入ると空いていない。いつまで経っても空かない。ようやくアラブ人っぽいのが出てきて用を足す。
バス停寒い。雨降りだから。15分ほどでバスが来て、乗る。チェスキークルムロフだけあって、日本人も何組かいるようだ。日本人親子に席を替わってくれと言われ、韓国人の隣になる。韓国人やたらよく動く。しかも途中で席を変えやがった。それもそのはず、なんとこのバス雨漏りしている。途中から現地白人が隣に座ったが、持ち込んでる本の上にぼたぼた水が落ちていた。
白人も降りてそのうちチェスキークルムロフに着く。道分からん。ていうか雨降り過ぎやろ。傘持ってないし。とりあえずホテルを探す。思いの外高そうなホテルだ。実際は60ユーロ。
古いけど昨日まで泊まってたとこより広いし内装もキレイだ。ていうか女の子部屋だ。当然俺一人で寝るわけだ。
雨が止まない。天気予報見たら終日雨とか最悪やろ。でもチェスキークルムロフには1泊しかしないのでホテルに引きこもってたら無駄すぎるから雨の中を出ていく。無理。土産屋で謀ったかのように傘が売っているので思わず買ってしまった。900円。ぼったくりにもほどがある。
とにかくこれで歩けるようになったので、ここだけは行かずに帰れないと思ったチェスキークルムロフ城を目指す。とにかく寒い。
城はホテルにから迂回して城門があり徐々に近づいていく感じ。なんか結婚式やってるし。
城の中を回る。ツアー客だらけ。要塞の城というよりは宮殿の城。塔に登る。有料50コルナ。塔はただひたすら登るだけだか、てっぺんが展望台になっていて、町の全貌を見渡せる。ああ、歩き方の写真そのままの場所だ。これで50コルナなら価値はある。町まで降りてしまえば土産物屋とホテルばかりでただの観光地だけどここからは町に見える。中世の姿をそのまま残した町に。
城を後にして、もう行くとこ無いだろと思いつつホテルへ。ホテルのレストランへ座るが人出てこず一旦部屋へ。朝のマクドナルドから何も食わず4時だ。流石に腹減ったがメシはどうやったら出てくるんだ。部屋にいても拉致があかないので再びホテルのレストランへ。ちょうど人が入ってきたので同じようにしよう。タイミング良く店のジジイが帰ってきた感じでメニューをとってる。アイコンタクトを送るがジジイ来ねえ。そして寒いひたすら寒い。飯食ってそのまま外に出ようと思ってたのが嫌になった。
やっとジジイが来た。豚のフライとビールを頼んだ。待つ間も寒い。待たなくていいようにフライを頼んだので割と早く来た。そして食う。なんか150コルナって書いてあったのに200コルナになってるし。多分ポテトと野菜だろうと思いつつ、一応チップまで渡す。そして寒いのでやっぱり部屋にもどる。とりあえず腹はいっぱいになった。
そのまま部屋に戻って酒の勢いで寝る。起きたら10時。雨がやんでいる。昼間より暖かい。もう一度一回りしてくる。日帰りツアーが多いため、流石に人は減ったが白人の若者が騒いでいる。城と街中を一通り回る。白人の若造に話しかけられる。適当にタバコ渡したら「メンソールはクソだ」とか言われた。仲間連れがほとんどで、自分のようなソロは同じ様に写真とってるのが多い。