久々に夜ふかししよう

明日が休みなので、久々に夜ふかししようかと思った。子供の頃から大学生の頃にかけて、よく夜更かししていた。
というか、基本的に寝るのが遅かった。2時3時が日常だった。今は朝起きないといけないので1時頃には寝ている。学校へ通っていた頃は、朝起きても学校で寝ていた。ほぼ寝ていた。毎日寝ていた。寝に学校へ行っていた。 

今思うと、夜に起きて何やっていたのだろう。
中学生の頃はテレビを見ていた記憶がある。深夜番組だ。当時のテレビは面白かったように記憶している。音楽も好調だったから音楽番組や、お笑いを見ていた。電波少年、すんげーベストテン、暴ロンブー、特に金曜、土曜の夜は3時4時まで毎週テレビを見ていた。 

高校の時はインターネットをしていた。
高1の時に初めて家にパソコンが来て、テレホーダイを契約することになり、必然的に夜にばかりインターネットをしていた。アングラサイトばかり見ていた気がする。2chも見ていた。今でこそネットから有名になった人はたくさんいるけれど、ひろゆきは、インターネットから世間に出た初めのヒーローだと僕は思っている。

そのうち常時接続が出来るようになり、ヤフーチャットや海外のオンラインゲームなどで遊んだ。高校の時にテキストサイトブームが起こり、ニュースサイトブームが起こり、僕も乗っかってサイトを立ち上げたりした。全然うまくはいかなかったけど。

その後1ch.tvやスレッド式掲示板連合とか、ReadMeとか、そういうのを経てブログってものがやっと出てきたように思う。今ではあまり使われなくなったけれど、当時はエントリーひとつひとつにコメントがつけられるというのが画期的だった。BBSと日記のいいとこ取りのような印象を持っていた。インターネットの思い出を書き出すと同じ事を何度も繰り返してしまう。アンテナなも当時流行って、僕が最初にはてなを知ったのは、人力検索でもダイアリーでもなく、はてなアンテナだった。

この当時1999〜2001年頃のインターネットについての思い出に耽りたいときは、どうぞばるぼらさんの教科書に載らないインターネットの歴史教科書を読んでください。僕も買いました。

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書