読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都御所散策

京都

 「京都、ふらふらしようと思ったら、どこがいい?」
 「ええー、何を求めているかによるよ」
 「一人で、ぼーっとしたいかな。頭がスッキリするとこ?」
 「御所はよく行ったな。なんもないけど。本当に何もない。」
 「御所」
 「行ってみようかな。」
 「出町柳なら、さるうやカフェというところに行ったことがある。御所からはちょっと歩かないといけない。御所の近くなら同志社の寒梅館も一般公開している。」
 「さるう屋?」
 「そう。ストーブの近くの席でないと寒いけどね。」
 「京都はまったく土地勘がないから、何の近くに何があるか全然わかんないんょね(泣)」
 「ストーブの近く」
 「ストーブの近くじゃないと、寒いの?」
 「二階は寒いね」
 「一人で大丈夫?」
 「うん。今日は晴れてるから」
 「晴れてるね」
 「うん。雲ないや」
 「いっといで。道わからんかったら教えたるわ」
 「御所は、入り口はひとつ?」
 「入り口何箇所もあるよ。8ぐらいある。出町柳から河原町今出川まで行って今出川通を西に歩けば御所に着く」
 「💦」
 「どうしたん」
 「駅降りてうろうろしてみる」
 「加茂川が南北に流れていて、川上が北だから方角は簡単にわかるよ。あとは碁盤の目」
 「京都に帰ってるの?」
 「大阪にいるよ」
 「着いたよ。みたらし団子いっぽん食べた」
 「どこで?」
 「駅の近く〜古都や?ってとこかな」
 「ふたばも出町柳駅の近くにある」
 「ふたば?カフェ?」
 「ふたばは和菓子屋。豆餅が有名」
 「御所に向かって歩き中〜」
 「それが御所。寒いけど座って欲しい。街中なのに、車の音さえ聞こえないから。」
 「座ったよ」
「空、気持ちいい」
 「人も少ないでしょ?」
 「うん。静か。からすの鳴き声だけきこえる」
「いったん御所から出ると車も人も多いね。今日は天気いいからかな?」
 「交通量は普段から多いよ。御所が特別。だから、ギリギリまで御所の敷地内を通って歩くのが良い。出入り口はどの方向からもあるからね。」
 「ふたばまで来たけど、めっちゃならんでる〜!」
 「ふたばはいつも並ぶよ。でも回転早いからすぐまわってくる」
 「なんか、来たら並ばないと損みたいな気がして、並んでます」
 「うん。一個だけ買う人多いよ。豆餅」
 「一個だけ?」
 「その場で自分が食べる分だけ買う人が多いねん」
 「やっと買えた(泣)」
 「早いやろ。人多い割には」
 「つぎは、さるう屋カフェいこうかな」
 「今出川の橋を渡ったとこ。角にファミリーマートがある。その近くから看板が見える。出町柳からは南に1分ぐらい。」
 「ストーブのおとなりさんです」
 「たどりつけたか」
 「今から帰る〜」
 「ゆっくりできた?」
 「できたー」
「天気が良くて少しあったかかったからよかったー」
 「そうやな。昼間あったかかったな」
 「けっこうたくさん歩いたかなぁ〜?」
 「電車で寝そうやな」