読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国民健康保険、国民年金の減免措置

簡単なメモ書き程度で。
健康保険と失業保険の方に、やや詳しく書いてます。 

先日、健康保険の資格喪失証明書が届いたので区役所に行って、国民健康保険と国民年金への切り替えをした。
同時に、健康保険と年金の減免措置について聞いてみた。失業であれば、同世帯の人間の所得に応じて減額措置が有効になるということだった。
具体的な金額は申請してみないとわからないが、僕の場合どちらもだいたい5割は安くなるということだった。
健康保険は災害等の事情でない限り全額免除はならないそうだが、国民年金は一人暮らしだったら全額免除になっていたらしい。自分はとりあえず実家の籍に変わっているので、世帯主に収入があるため全額免除にはならないと言われた。

年金に関しては、65歳まで満期を迎えない定期預金と同じなので、国民の義務と言われてもお金に余裕が無ければ個人的には支払うべきではないかなと思っている。ただ僕の場合、青年海外協力隊を少し狙っているので、青年海外協力隊は年金の支払い漏れがあると参加できないそうだから、そのためだけにそれまでだけでも延納なり減免なりで引き延ばそうと思っている。

参考:国民健康保険の免除

知って得する 年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 [2013年度版]: 「自己責任」時代を生き抜く知恵

知って得する 年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 [2013年度版]: 「自己責任」時代を生き抜く知恵