読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロント4日目"学校"

ワーキングホリデー

僕は英語が全くダメなので、ついでに学校に通うことにしている。今日からスタートなんだ。今日は説明だけで終わるけど朝8時からだ。なんと早い。朝7時に起きてチェックアウトして、ホステルを後にした。今日は-8℃だ。泣ける。

学校

学校へ着いたらスピーキングのテストや筆記テストいろんな手続きとか説明とか校舎の案内とか。筆記テストはびっくりするぐらいできなかった。語法を知っているか?みたいな内容が多かった。語学学校なんて世界各国の10代の若者がほとんどで、とりわけ南米が多かった。今回の入学で多分50人ぐらいいたんだけど、日本人はたった4人、韓国人が10人以上、他にブラジルが多かった。東欧諸国やロシア語圏の人もいた。どちらにしろ年齢的に僕は浮いていたわけで。
今日の課題としては、学校に行く以外にも口座開設と定期の購入があった。定期は語学学校でも学生扱いになるので、$20ぐらいだけ安くなる。しれている。
銀行の口座開設についてわからないことがいっぱいあったので、学校の日本人アドバイザーみたいな人に聞いたみたけど行ってみてって言われたから行った。

口座開設

トロント到着4日目、やっと銀行口座を開く手続きをした。TDカナダトラストという銀行にして、手続きを進めたら15分ぐらいで終わった。あっけない。学校の入学許可証を持っていれば、学生プランみたいなのが使えたので講座維持費用がかからなかった。
また、家が決まっていれば住所を提示するだけで居住の証明みたいなのは不要だった。おそらくこのあたりは銀行の支店や担当によってまちまちなんだろう。
他に見せたのはパスポートだけ。銀行員の人が簡単な英語で丁寧に質問してくれるから、必要そうなところだけ質問したり繰り返し聞いたりした。確か、デビットカード決済及び預金引き出しは月25回までC$1でできるとか。25回以上の引き落としは1回につきC$1かかるとか。詳細については紙をもらっているから、帰ってからでも確認はできる。
そんな感じでトロントでの口座開設はあっけなく終わったのだ。
尚、TDカナダトラストはバンクーバーの支店なら、口座開設の際に日本語で説明が受けられる。残念ながらトロントにそういうのは無いと思う。必要なかったけど。

TD Canada Trust

図書館

手持ちの荷物が多かったので、とりあえず家に帰ろうと思ったら「今は誰もいないから入れない」とのことだった。時間を持て余りしていたので図書館でMBAを立ち上げ、先ほど作った口座への送金手続きを進めていた。送金先口座の登録に2、3日かかるみたいなので、一旦終了。
図書館は学校の近くにあり、ネット使い放題でスピードもそこそこ出る。席にもゆとりがあって、席によってはコンセントも使える。蔵書を読むことはないだろうけど、今後MBAを使うメインの場所は図書館になりそうだ。何時からやってるんだろう。

http://instagram.com/p/i4JP1GBvPP/