Unionville

ユニオンビルという場所へ向かっている。ドイツ人の入植地らしい。トロントのユニオン駅からバスで25分、$6.85。近いんだなーと思ったら、バスはいきなり高速に乗った。高速で25分だと結構な場所にある。このユニオンビルに駅はなく、高速バスでしか行けない。他のグリークタウン、リトルイタリー、チャイナタウンなんかはトロント市街の中心にあって、なんでドイツ人入植地だけこんな奥地にあるんだろう。途中の道は、日本の高速道路と同じで本当に道路以外何もないところを走る。

http://instagram.com/p/i0EWAohvGI/

ユニオンビルはガイドブックに載っていたものの、商業化されたドイツ人街ではないんだろうなという想像がつく。そんな場所へ行って僕は一体何をするんだ。

http://instagram.com/p/i0EjgZBvGW/

着いたみたいだ。なんというか高速のパーキングエリアにいきなり降ろされた感じ。何もないぞ。見渡す限り道路しかない。他にここで降りた人は片っ端から車が迎えに来ている。おい!どうすれば!どうするもこうするも無いのでとりあえず歩いてみた。建物が見える方に歩く。あてずっぽうで歩く。こんなことなら事前に調べてくればよかった。まさかバス停からどっちに歩いたらいいかもわからないとは。
ガイドブックに載せた奴は責任を取れ!

老人ホームのようなところを通り抜け、橋を渡っていたら看板が見えた。道路と家しかないところに看板がある。

http://instagram.com/p/i0EeVkhvGQ/

Unionvilleと書いてある。ここか。何もないぞ。家しかない。そのままユニオンビルメインストリートと書かれた道を歩いて行く。家だ。トロント市街地の家とは確かに趣が違う。金持ちなんだろうか、カラフルで凝っている。ドイツ車は確かに多い。それにしても、誰もいねえ。

そのまま進んで行くと、観光地っぽいところに出くわした。レストランがあり、音楽が流れており、看板がかかっている。思いの外商業的だ。そしてやはり人一人歩いていない。店の中にも果たして客が居るのだろうか。それ以前に営業しているのだろうか。スターバックスがあった。こんなところにもスターバックス。そして中に結構人がいる。

http://instagram.com/p/i0EayChvGM/

外にも人がいると思ったら、中国人の家族連れだった。何やらわけのわからない建物の前で写真を撮っている。他にも中国人の家族連れがいた。彼らは皆車で来ているようだ。写真なんか撮っているあたりはどう見ても観光客だけど、器用だな。チャイナタウンでも近くにあるのだろうか。そのままメインストリートをひたすら歩いてみようと思いまっすぐ進んだら、また家だけになった。住宅地だな。Libraryとあったけどこんな場所で図書館に行ってもしょうがないのでそのまま進んだ。もうこれ以上どれだけ進んでも家しかないなーと思っていたら、メインストリートの端まで来てしまった。ここから私道みたいな看板になったので引き返した。

やってるのかわからないレストランに入るのは諦めて、普通のカフェに入った。店員はおそらくインド人だった。コーヒーとパンを頼んだ。やはりアメックスは使えなかった。コーヒーを飲みながらこの日記を書いていた。雪が強くなっている。

http://instagram.com/p/i0EFhRhvFz/

トロント市内の小旅行、小観光地として来るのは、まあ別にいいんじゃないのという場所だった。近いし。安いし。お土産屋っぽいのもあった。ドイツ料理が食いたければ尚更いいだろう。僕は食べなかったけど。もしかしたら、もっと奥に洗練されたベルリンの街があったのかもしれない。無いと思うけど。