脱獄日記

僕のiPhone4Sソフトバンクとの契約が終了して今やただのiPod touchと化している。今後これを全面に活用して生活することは無いので、そろそろ脱獄にチャレンジしてみようかと思った。今までは普通に使っていたから、脱獄しようなんて思わなかった。ただ、最近はホームボタンの効きも悪くなり、アプリケーションが落ちることも多くなったため、使い勝手を良くする必要が出てきた。今更iPhone4Sなんかどうなってもいい。脱獄のリスクを考える必要もなくなった。
というわけで脱獄ツールを探しまわってみたものの、自分はios7にアップデートしていないため、ios6.1.3用のツールで脱獄しなければならない。ios7が出てからかなり時間が経っているため、古いツールというのはなかなか見つからない。p0sixspwnというツールが対応しているということだったけれど、jailbreakボタンを押した瞬間エラーで強制終了する。windows版ならうまくいってるケースが多いみたいだけど、このMacでは何度やってもダメだった。他にevasi0nという物を試してみたけれど、6.1.2にも7にも対応しているツールがあったのにios6.1.3に対応しているのが見当たらない
Absintheというツールの2.0.5ならios6.1.3でjailbreakできるということだったが、どこを探してもwindows版しか見当たらない。もういっそのことios6はあきらめて7にしてから脱獄したほうが早い気がしてきた。
並行して、海外版のiPhoneアプリを使いたいために外国のiTunesIDを作ってしまおうと思っている。別にお金がかかるわけでもない。これはただダウンロードするために必要なだけ。ちまたで話題のPaperとかも日本のアカウントではダウンロードさえできないで困っている。

Paper – stories from Facebook

Paper – stories from Facebook

Lang8に登録した。これは外国語で書いた文章の添削をネイティヴ及びその言語が達者な人に頼めるというサービスで、利用者が多く、日本語を学ぶ外国人というレアな存在もたくさん見つかる。暇つぶしに外国人が書く日本語の文章を添削しまくっていた。

傾向として、彼らはまずローマ字がとっつきやすいようでローマ字から入る人が多い。その次にひらがな、その次にカタカナ、最後に漢字を使いだす。ローマ字の文章は読みにくくて大変だ。
文法としては、「を」とか「に」とか「が」の使い方に迷っているみたいだ。また、多いのが敬語と敬語じゃない文を混ぜて使っているケース。あれは変だからやめた方がいいということを言うのだけれど、彼らからすれば丁寧語を使えばいつも語尾を「です」「ます」で終えられるから簡単だと言うのだ。丁寧語でなければ「る」なのか「だ」なのかその他動詞の活用がわからないということらしい。外国人目線で日本語を見るというのは新鮮だ。僕らは文法の勉強なんてしてこなかったから。