読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロント中心部から1時間以内で観光できる場所

トロントに来て1年ぐらいが経とうとしている。これまでこのブログでは居住の地としてのトロントを書いてきたけれど、じゃあ結局トロントのどこを観光するのか、カナダのトロントに観光するところはあるのか。ニューヨーク近いからニューヨーク行ったほうがいいのではないか、そりゃあそうなんだけどトロントに行くようなところはあるのか、ということをまとめてみたい。一応なくは、ない。

スポンサードリンク  

トロントアイランド

とりあえず僕が行った中で最初にトロントアイランドを挙げておこう。別にここが特別面白かったかというとそういうわけではない。もしここに冬に来るんだったら、1月以降の方がいい。オンタリオ湖が凍っていて、トロントアイランドからその氷の上を歩ける。こんな感じに。

http://www.flickr.com/photos/77112637@N00/12282339653

photo by Jackman Chiu

これホントにトロントアイランドの写真らしい。街が写っていないからわからないけれど、これ別に雪の上を歩いているわけじゃなくて凍った湖の上を歩いている。わかりにくいな。なんかそういうツアーをやっているというのを聞いたことがある。僕はそれには行っていない。多分金額も安い。$10ぐらい?知らない。僕は夏に行った。夏に行くなら一番暑い時期に行った方がいい。トロントアイランドにはビーチがあり、ヌーディストビーチもある。老人ばかりだと聞いた。僕は行ったことがない。トロントアイランドの何が面白いかと言ったら、別に面白くはない。ただオンタリオ湖の上に浮か出島みたいな小さな島に上陸できる。そこからトロントの町を眺めたり、ああ、その写真があった。

f:id:kkzy9:20140617125007j:plain

ビーチに行ったり、飯を食ったりピクニックをしたり。ホテルからも近いと思う。フェリーは確か$7だった。ビーチの写真はない。

CNタワー

僕はCNタワーには行っていない。上まで登るのに$30とかする。トロントの町並みをタワーから眺めることができる。というそれだけ。中にはレストランもある。このレストランが高くて有名だ。あとアトラクションとしてエッジウォークというのがある。このCNタワーの出っ張っている部分に外に出てそのタワーの縁を歩くのだ。もちろんバンジージャンプみたいなロープが付けられていて安全だ。そのロープがどこかに引っ掛けてあり、それを動かしながら移動する。説明がしにくい。CNタワー、エッジーウォークで調べてみてください。写真があった。借りて貼っておこう。

http://www.flickr.com/photos/125279254@N04/15272905944

photo by kevin.costain

CNタワーはこんな感じだ。ちなみにエッジウォークは高い。$100以上だったと思う。安全のためということだろう。他にCNタワーは、写真の被写体としては良い。僕は遠くから何枚も写真を撮っている。それも貼っておこう。タワーっていうか夜景?

f:id:kkzy9:20141004005135j:plain

ロジャース・センター

これは野球が好きな人限定になる。トロントにはアメリカメジャーリーグの地元チームとしてブルージェイズというチームがある。確か日本人で川崎という選手が所属していたと思う。僕は野球に興味がないから行ったことがないんだけど、以前シェアをしていた人たちは、開幕戦にマー君とイチローが出るからといって、ブルージェイズヤンキース戦を観に行った。デカイ画用紙にマー君の絵や日本の国旗か何かも書いて、あとチームのロゴだったかな、それで現地へ観に行ったら帰りにテレビの観客インタビューみたいなのに取材されて、日本のテレビに映ったそうだ。まあそういうことは稀だし、チケットもだいたい$100前後するから、まあなんかのツアーとか組んでもだいたい$100ぐらいはするんだけどね。ロジャース・センターはドームとして初めての自動開閉式ドームらしい。CNタワーのすぐ近くにある。

http://www.flickr.com/photos/48612126@N00/4855684486

photo by udo.d

http://www.flickr.com/photos/93271915@N02/8759087384

photo by LottOnBaseball

④ハイパーク

ハイパークはただの公園だ。デカイ公園で公園の中に池があったり森があったりすると思ってくれていい。ハイパークに行くなら僕は紅葉の時期をオススメする。トロント市内から近くて紅葉を満喫できるところはここぐらいだろう。トロントはカエデが国旗になっているように紅葉が有名だ。僕は地元の京都で散々紅葉を見てきたが、今年違う場所で見るものいいだろうと思ってみてきた。例のごとく写真を貼っておこう。

f:id:kkzy9:20141014212308j:plain

まあ正直普通だ。紅葉の写真は他にもあるのでもし興味があればどうぞ。 

紅葉が見れなかったとしても、夏場でも森になっていて山の散策、探検みたいになる。犬が放せるルートがあり、そこへ行けば色んな犬達がリード無しで飼い主たちと一緒に遊んだり歩いている。僕はそこに迷い込んでしまって正直犬が怖かったけど、別になんともなく平和な風景だった。冬は行ってもなんもないです。雪があるだけ。僕は行きました。冬のハイパークの写真もあった。

f:id:kkzy9:20140321005739j:plain

なんとも寂しげな写真だ。ちなみにここの池も凍っている。ここは氷の上に降りれなかったと思う。ここは街が見える側を撮ったが、森みたいな場所はもうちょっと奥になる。ハイパークまでは地下鉄一本ですぐに行けるから、電車代も$3だけだし行きやすい。ちなみにトロントに観光で来るなら一日乗車券みたいなのを買った方がいい。電車もバスもストリートカーも乗り放題になる。確か1デイパスもあったと思う。買ったことがない。

⑤エアカナダセンター

別に飛行機の模型の見学に行くわけではない。エアカナダセンターではNBAの試合が見れる。トロントにはトロント・ラプターズというNBAのチームがあり、バスケットが好きな人だったらいいんじゃないかと思う。今日もニューヨーク・ネッツというチームと試合をやっており、前では大きなビジョンで立ち見の人がいた。中には入っていない。友人と一緒にいたんだけど、友人はバスケットが好きでしかもニューヨークに住んでいたからニューヨークのチームに詳しくて「あいつが今全米代表に選ばれてるんだ」とか説明してくれるけど僕は全くわからない。

http://www.flickr.com/photos/60388490@N00/7057324941

photo by Badger416

あとエアカナダセンターでは音楽のライブが行われている。全米ツアーなどを行うミュージシャンはその延長でだいたいトロントにも来る。今年の夏にはブルーノ・マーズとかレディガガとかケイティ・ペリーとかが来ていた。ニューヨークも近いからそういう超大物アーティストたちが結構普通にコンサートをしている。来日なんか待ってたらいつ来るかわからない。北米の利点が十分に活かせる。僕はもう全然興味ないから行ったことがないんだけど、音楽好きな人だったらそういうのに行ってもいいと思う。チケットはネットで買える。事前にネットで買っておけば現地で困ることもないだろう。

ケンジントンマーケット/セントローレンスマーケット

ケンジントンマーケットってなんなのかと言っても、ただの街中だ。古着屋やいろんな店が密集している。前同じ家に住んでいた人はここでサングラス$5とかで買っていた。そういう雑貨とかも多い。普通に街歩きという感じだろうか。カフェなども多いから丁度いいだろう。前同じ家に住んでいた人の職場の先輩が、このあたりで音楽のイベントをやっていたのを見に行ったことがある。その先輩がバーでレトロなレコードのみでのDJをやるというイベントだった。ビールを飲みながら音楽を聞いていた。トロントの市場ってこんな感じなんだーってのが見れたらいいと思う。人はめちゃくちゃ多い。観光客も多い。

f:id:kkzy9:20140526013806j:plain

セントローレンスマーケットは古物市場みたいな場所だ。薄暗い。何が売っているかというと、よくわからない汚いものばかり売っている。僕は何も買わなかったが、骨董品などが好きな人はいいと思う。僕は日本から来ている、というかニューヨークに住んでいたニューヨークから来ている日本人の友達と行ったんだけど、その友達はレコードが好きで、そこで掘り出し物を発掘して$2で買っていた。日本で買うと8,000円ぐらいすると言ってAmazonマーケットプレイスの相場を見せてくれた。しかもそういうのを他にも見つけ2枚買っていた。あとピンバッチコレクターの友人がいて、カナダの古いピンバッチや色々山ほどあったから、写真を送ってあげた。多分そのうち彼は行くだろう。マーケットは土日しかやっていない。

http://instagram.com/p/w4gdAFBvAX/

tiff Bell Lightbox

ようするにtiffの建物となる。ここは映画館で、いくつかの映画を上映していたり、展示をやっていたりする。字幕無しで映画館で映画を見てみてどれぐらい英語がわかるか確認してみてもいいんじゃないだろうか。僕はそんなお金が勿体ないことはしない。その他に、ここでは映画の展示をやっていたりする。今はスタンリー・キューブリック展をやっており、映画で使われた衣装などが展示されていたり、キューブリックの映画も上映している。2001年宇宙の旅とか。まあこんなの映画好き限定になってしまう。もしトロント国際映画祭の時期に来れたら、この周辺はお祭り騒ぎになっている。各映画館で映画を見て、賞が選ばれたりする。写真があった。

f:id:kkzy9:20140905013729j:plain

tiffの写真も他にもあるので、興味があれば見てください。

トロント国際映画祭にはレッドカーペットがあり、去年はたしか松本人志が来ていた。僕は今年行ったけれど誰が来ていたかは知らない。誰か知らない人のビデオだけ撮った。その映像も一応上の記事にある。映画好きの人たちが超並んでいる。

結局いつ来るのがいいのか

観光地としては他にカサロマっていう城みたいな豪邸みたいなのがあるが、興味あればというぐらいだ。で、そういうことも踏まえてもしトロントに来るとなった場合、いつ来るのが一番いいのか。多分、映画祭の頃だと思う。映画祭に参加するという経験は一番レアだろう。トロントじゃなくてもいいんだけど、ヴェネツィアとかカンヌとか行くのとはまたちょっと話が違ってくる。もっとこっちのは軽い。その次が夏、夏は気候がいいから。トロントアイランドも夏の方がいい。その次に秋、その次に春、まあ春は実質無いんだけど、その次に冬かな。冬だと一応アイスホッケーが見れる。あと凍ったトロントアイランドや-25℃の気温とか。スポーツはだいたいオフかな。コンサートは知らない。

トロントで何を食べるのか

カナダ料理っていうのは存在しない。トロントには各移民街があり、チャイナタウンとかリトルイタリーとかグリークタウンとか行っても別にやることは無いから、各国の料理を日毎に食べ歩いたりしてもいいかもしれない。北米だからハンバーガーとか食べてもいかもしれない。ハンバーガー屋はチェーンも個人も含めたくさんある。普通のレストランへ行ってもだいたいハンバーガーがメニューに有る。道端で売ってるホットドッグとか。シティホール近くのブルーのトラックで売っているホットドッグが有名だ。

あとはバーとかに行けばいいんじゃないだろうか。全く英語が無理でも試してみよう。お酒は店によって値段が違うけど、ジョッキのビールがだいたい$5〜7ぐらい、ピッチャーが$11〜14ぐらいだろう。外国のバーで酒を飲むというのは体験していなければ面白いと思う。おつまみは、カナダ人が好きすぎるとして有名なプーティンを頼もう。フライドポテトにグレイビーソースとチーズをかけたものだ。だいたいどこのバーに行ってもメニューに有る。特別美味しいかといえば普通だ。プーティンの写真を借りてこよう。

http://www.flickr.com/photos/40646519@N00/422692736

photo by Joe Shlabotnik

最終目的地にするべきではない

トロントの行く場所っていうのはせいぜいこれぐらいだ。だから旅行でわざわざトロントに来るということはないと思う。だれか友達がいたり、ニューヨークへ来るついでに来たらいい。ニューヨークからはバスで片道10時間、往復$70ぐらいだ。途中にナイアガラの滝があるから寄ってくればいい。寄らないバスもあるからチケットを買うときは注意。そして僕に会いたいっていう人がいたら飯ぐらいおごる。僕は無職だが。

ちなみにトロントから行ける観光地としては、ナイアガラがバスで1時間半ぐらい、モントリオールが3時間、ケベックシティーは8時間ぐらいかかる。僕はトロントからプリンスエドワード島というところまで旅行した。