Duolingoを再開してみた

こっちで英語の学校へ通い始めた頃、同時に他の言語も勉強したいと思って手当たりしだいPodcastを漁りながらロシア語とかアラビア語とかフランス語を2秒ほどかじってやめた。勉強って続けられない。そんな中で当時クラスの先生だったトロントニアンの24ぐらいの兄ちゃんが休み時間に学校のパソコンで何かしているなあと思ったらDuolingoだった。彼はフランス語を勉強していた。

Duolingo | Learn Spanish, French, German, Portuguese, Italian and English for free

スポンサードリンク  

多言語に対応しています

「みんなこうやって語学学校に来て外国語を勉強しているだろ?だから俺もやろうと思ってさ」みたいなことを言ってた。去年の3月ごろだったかな。その当時Duolingoは英語ベースしかなく、日本語には全く対応していないサービスだった。僕は英語ベースでフランス語のコースをやってみたけれど、あれはある程度基礎知識がないと、例えば単語などを少しぐらいは知っていないと先に進めない仕組みで、僕はフランス語の単語なんか全く知らなかったから断念した。

日本語ベースで学べるのは英語だけ

いつだったか忘れたけどサービス内に日本語→英語のコースができて、試してみたらその精度がひどすぎて、当時はまだベータだったのか「この訳も正しい」みたいなフィードバックを送る機能もあり、どちらにしても使いものにならないと思いながらすぐにやめた。

最近、というか昨日アプリが出ていることを知り、ダウンロードしてみた。日本語→英語のベータは終了しており、精度もかなり上がっている。それでも邦訳の作業は正直要らない、というかめんどくさいと思いながらも、短い時間で簡単に勉強できるという点においては重宝する。事実こっちでは結構前からメジャーなサービスだったみたいだから。なんでかはよくわからないけど。

Duolingo | 英語を無料で学ぶ

Duolingo | 英語を無料で学ぶ

  • Duolingo
  • 教育
  • 無料

Duolingoだけで学習は完結しない

このサービスの使い方がいまいちよくわかっていなくて、おそらく確認作業がメインのサービスだと思う。だから普段全く勉強していなかったり全く知識がなければ、僕がフランス語で試したように全く歯が立たないまま終了してしまう。全くわからないのであれば辞書なんかを片手にやるのがいいんじゃないだろうか。母親に勧めたのはそんな方法。どうだろう。とにかく、これで勉強が完結するというタイプの学習方法ではない。

何を求められているのか把握するところからスタート

スタートしてみて最初のほうがあまりに簡単だからいきなり10何項目のテストをすっ飛ばして受けまくっていると結構間違う。間違うというか質問の意図がつかめず「こういう回答を求められているのか」というのが後になってわかる。その、項目とか。正しければいいというわけではなく、質問に対して求められる回答をしなければいけないため、最初テストを繰り返しても結構間違うと思うから傾向を掴むまでは繰り返しすっ飛ばして本当に学習するレベルに到達するまでひたすらスキップしまくればいいと思います。

1回の学習が5分とかで終わり、本当に気軽に始められるからお試しあれ。