NSC11期生が好きだったりする

僕は大阪で起こった第三次2丁目ブーム世代だから、このNSC11期生あたりに最も親しみを感じる。僕らが小学生だった頃、彼らはまだ若手芸人、ぺーぺーだった。そこから20年近く経った今、彼らをテレビで見かければとても嬉しく感じる。まるで旧友が元気にしている姿を見るようで。昔のメンツが揃い、昔話なんかをしていると懐かしい。そして彼らの一部は大物となった。NSC11期生のリストをwikipediaから引用しよう。

中川家、陣内智則(元リミテッド)、たむらけんじ(元LaLaLa)、ケンドーコバヤシ(元松口VS小林、元モストデンジャラスコンビ)、ユウキロック(元ハリガネロック、元松口VS小林)、おおうえくにひろ(元ハリガネロック)、たいぞう、烏川耕一(吉本新喜劇)、原田専門家(グラフィックデザイナー)、村越周司(元モストデンジャラスコンビ)、堂土貴(ルート33)、細川博一(チャンバラJr.、元ハッシュドポテト)、デジタルケイタ(元トクトミトコナミ)、ハリウッドザコシショウ(元G★MENS、現在SMA NEET Project所属)、野々村友紀子(放送作家、元高僧・野々村)、みのなが(解散)、プリン姫(引退) 

スポンサードリンク  

11期生ではないものの、ここにサバンナなんかが加わると当時のすんげーメンバーとなる。テレビで千原ジュニア、サバンナ高橋、ケンドーコバヤシ、陣内あたりが一同に介した時のトークは、まるで20年前に戻ったかのように錯覚する。あれから長い年月が経ち、いろいろ変わったけれど、彼らがまだテレビに出続けていることが何よりも嬉しい。