読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからワーキングホリデーに行く人へ

ワーキングホリデー

僕はもう少しでカナダを離れるんだけど、もう1年以上いる。おい、全然英語なんてわからねえぞ。それが現実だ。特に僕は英語学習のためにカナダを訪れたわけでもなく、一応学校には通ったものの熱心に勉強などはしなかった。いまいち目的意識に欠けるというか、単にそこまでやる気が無い。そして僕以外にも実際、僕と同程度かそれ以下しか話せないまま帰国していく日本人を何人も見た。外国に1年住んだぐらいでは英語は話せない。もちろん努力したり環境が良くて話せるようになる人も多い。僕はそうじゃなかった。一応英語が上手くなる人のパターンを紹介しておこう。

スポンサードリンク  

真面目な人

真面目な人は学校でも真面目だしすぐにクラスが上がっていく。とにかく英語学習において真面目な人というのはたくさん来ているから、学校が終わったあとも毎日図書館に篭って勉強したり毎日新聞読んだり英語のニュース見たりストイックに学習している人がいた。同じ学校に通っている日本人と勉強会を開いたり、同居している人同士で英語の勉強会を開いたりしていた。確かTOEICで900点ぐらい取ると言っていた。

英語話者と付き合う人

付き合うというのはボーイフレンドっていうのも含め、外国人というよりも英語話者の友達をたくさん作ったりする人たち。知り合うのは学校、バイト先、ランゲージエクスチェンジ、友達の友達、シェアハウスの同居人とか。あとまあイベントとかクラブとか好きならそういうのもある。ボランティアとか、趣味のサークルなんかもあるだろう。

英語環境な人

これは住む家であったり職場であったり、先程の話と関連してくる。ホームステイやシェアハウス、日本人で固まることも実は結構多い。だから思い切って外国人ばかりのシェアハウスに飛び込む。バイトも同じ。日本人ばかりが働いているところではなく、外国人しかいない場所で働く。面接で何度も落とされると思うけど、簡単な仕事だったら雇ってもらえるケースも多い。毎日英語を使わざるを得ないから伸びないわけがない。

これを全部やっている人がそのTOEICの人だった。僕は全然やっていない。これからワーキングホリデーで来る人はこういった僕の失敗を踏まえ、せめて英語ぐらいはマスターして帰ろうぜ!字幕なしで映画見れるぐらいにはね!「お前一年も外国にいてなにやってたんだ?」って絶対言われるから。

日本人英語勉強会

そういうわけで、これからトロントなりの英語圏でワーキングホリデーで来て、英語学習をする人たち向けに日本人英語勉強会を作ってください。一人ではやる気が続かない人でも、集まって勉強すれば続くかもしれません。「ランゲージエクスチェンジがあるじゃないか」と思うかもしれないけれど、あれはどちらかと言うと出会いの側面が大きい気がして、この日本人英語勉強会で補助したいのは上に挙げた3つの要素のうちの「真面目な人」の部分であり、ランゲージエクスチェンジは「英語話者と付き合う人」に当てはまるだろう。日本人同士で相談しながら英語学習を確認し合えばいいんじゃないか。実際にやっている人も多い。アシスタントなんかでネイティブの人を呼んできてもいい。

何か、全員で映画を見るといったような企画をやってもいいし、各々の学習を黙々とやってもいい。勉強で大事なことは多分、筋トレとかと同じでその時間を持つことだと思うから、そういう理念を元に人が集まり、日本に帰る頃にはせめて英語ぐらいはマスターしている状態で帰国したいものです。