読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌

隣家より聞こえるジャズに耳澄まし、コーヒーを淹れ、まぶたを閉じる。

コーヒーとタバコ嗜み窓の外、雪を眺める日曜の午後。

足元のルールの線を踏み出して見えてきたのも変わらぬ景色。

どこまでも良き人であるあなたから良き人を取り何かを残す。

偽物の翼を借りてこしらえる。足の指には水掻きのあと。

剥げ落ちた皮をつまんで覗き込む「ヘビみたいだね」「夏の蛇だよ」

リュックからあふれる荷物を取り払い、背負う頃には飛行機の中

水面を歩けるもんだと思い込み、足を踏み出し海に溺れる。

冷たさに躊躇いながら吸い込んだ空気が君を温めている。