読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく上で必要最低限の所有物

ワーキングホリデー 物欲

一人暮らしを5年以上やって、その間に5回ぐらい引っ越し、その後シェアで1年暮らし、今カナダに1年半滞在している。点々とすることが多く、引越が多かった。トロントでも3回引っ越している。その過程において大量の物を処分してきた。また、日本を1年以上離れるということで実家に置いてきた物もある。そうやって物から離れて生活し、この後も1年はオーストラリアにいる予定であることを思うと、生きていく上で必要な物って実際は限られてるなあという実感が強い。もちろん住む場所、生活方針や職業で大きく違いはあるけれど、自分が現在所有している物も踏まえ、生活必需品ってなんだろう。

スポンサードリンク  

一週間分の服

http://www.flickr.com/photos/76515615@N00/1990332946

photo by Michał Sacharewicz

仕事によってはスーツ、ジャケット、タイなんかが必要になってくるだろう。「カナダに滞在するんだったらスーツは一着ぐらい持っていた方がいい」とも言われた。アルバイトやバーティなどで使うからだそうだ。僕はもちろん持っていない。その辺は別枠として。

一週間分の服として必要な物は住む地域にもよる。僕がいるトロントでは防寒具でどうしても嵩張る。基本的には、下着1週間分、パンツ2本、シャツ2〜3枚、Tシャツかタンクトップ2〜3着っていうところだろうか。僕はそこにハーフパンツが2本とセーターとパーカぐらい。でもパーカはこっちに来てから買った。所有する服の基本は、多過ぎず、週一の洗濯で回る量ってところだろうか。トロントではコインランドリーも結構当たり前で、僕が住む家にも洗濯機はないから毎日洗濯なんかしていたら洗濯代で死んでしまう。かと言って毎日同じ服を着るわけにもいかない。同時に、僕みたいに旅行したり移動がある場合は嵩張る荷物は必要最小限に抑えたい。

靴、帽子、サングラス

http://www.flickr.com/photos/20777644@N05/14470243695

photo by amslerPIX

靴に関しては、2足かな。一足はブーツ。普通に生活していたら使うことは少ないけれど、アウトドアやレジャー、長距離歩行など、僕は旅行するからブーツは必須。もう一足は普通のスニーカーでいい。こっちは履いていて楽な靴。日常的にはこちらを履くだろう。サンダルは邪魔にならなければ持っていた方がいい。現地で買うのもあり。きっと安い。靴は移動の際にすごく嵩張ると言うか邪魔になるから、スニーカーだと安いのを一足ずつ履きつぶして次を買えばいいと思う。

http://www.flickr.com/photos/65151253@N05/15085194874

photo by CAYL_PHOTO

帽子は行き先の気温によるけれど、トロントでは防寒のためニット帽が必須だった。そういう場所でなくても、日よけや目線よけ、髪をまとめるにも帽子が使える。なるべく地味で洗えるもの、熱を吸収しない色がいいと思う。アウトドア用のハットなんかが一番いいんじゃないだろうか。ちなみにバケットハットと呼ぶらしい。

http://www.flickr.com/photos/41572727@N06/7118148259

photo by cltstyle

サングラスはいろいろと便利だ。なんせサングラスをしていると人と目を合わせなくて済む。これは旅行先などでいちいち声をかけられない、無視しやすいといった利点がある。一般的に日除けとしても使える。北米もオーストラリアも日本より日差しが強く、そういう場所でサングラス無しだと生活できないぐらい。

寝袋、マット

Helsport: Huldreheimen down

寝袋に関しては、最悪外で寝ることになった場合用として-8℃まで耐えられるものを買った。やや嵩張るけれど値段は安かった。8,000円程度。寝る場所があっても布団が無い時、もしくは汚くて使いたくない時に重宝する。また、寝袋はそのまま洗えるものも多いため、布団よりいくらか衛生的だろう。買うならおそらく日本で買ったほうが良い物が安い。外国人とは体質が違いすぎて店の意見が参考にならないこともある。

http://www.flickr.com/photos/14027144@N00/3748362456

photo by Runs With Scissors

マットも嵩張る。ウレタンマットやヨガマットみたいなのを持ち歩く余裕があれば持っていた方がいい。寝る場所には困らなくなる。寝袋だけで寝るのはかなりキツイ。

洗面用具

http://www.flickr.com/photos/46214148@N00/8175298844

photo by SimonQ錫濛譙

洗面用具としては、まずタオル。速乾タオルと言うのか、スイムタオルがいいだろう。寿命は短いけど1枚で全部いける。耳かきや歯ブラシは日本で買ったほうがいい。他には爪切り、石鹸、保湿クリーム、T字カミソリ、リップクリームというところか。ティッシュとハンカチ、髪を結ぶ用の輪ゴムもある。ほとんどは現地でも揃う。

常備薬

http://www.flickr.com/photos/85278812@N00/5554862408

photo by Robbie1

常備薬として持っているのは風邪薬、胃薬、頭痛薬、正露丸、オロナイン、あとはバンドエイドとか結構使う。この辺りは人による。現地でも揃うけど体質もあるだろう。

バックパック、デイパック

http://www.flickr.com/photos/65272231@N00/4289078025

photo by Siim Teller

バックパックはとりあえず全てを入れるカバンとなる。最低60Lぐらい要るんじゃないかな。僕が以前に同居していた人は40Lで2年イギリスに住んでいる。服や寝袋等で嵩張った分だけカバンがでかくなると思っていいだろう。ただあまり大きいと担いで歩けなくなる。80Lを担いで移動していた人はかなりきつそうだった。あと、できれば防水加工の方がいい。移動中に雨が降って中身が濡れると全てが終わる。

http://www.flickr.com/photos/35231233@N00/8712833807

photo by Bo Ismono

デイパックは主に日常生活用。機内持ち込みもこちらとなるため、サイズは必然的に限られてくる。僕の場合リュックサックだけど、ショルダーバッグでもいいだろう。必需品が入るサイズであればいいと思う。中身は財布、パスポート、書類、カメラ、パソコン等。

クレジットカード

http://www.flickr.com/photos/62674604@N00/455195539

photo by wajakemek | rashdanothman

クレジットカード無しの生活というのはあまり考えられない。というのも、バスを予約するにも飛行機を予約するにもホテルを予約するにもネットで手続をする際には大抵クレジットカードが必要になってくる。それ以外にも僕は日常生活であまり現金を利用しない。カードのほうが都合がいい。カナダではデビットカードを主に利用していた。何ヶ国か行き来するなら、それぞれの通貨を用意しなくていいのも楽だ。残ったら邪魔だし。カードについてはVISAかマスター。アメックスは北米でも全然使えません。JCBは論外。あと2枚持ちが基本だと言われている。それ以上はリスクが増えるだけ。

Mac

http://www.flickr.com/photos/84856173@N00/5536888447

photo by Anirudh Koul

Macじゃなくてもいいんだけど、パソコンさえあれば何でもできるっていう場面が多い。バソコン無しで生きていける人は別にいらないと思う。Macの利点は、だいたい世界中のどこにでもアップルストアがあり、互換性が高いというか、代替が効くっていうところだろう。それ以外にも基本的にエラーが少ないとか、単純に利便性の面でMacというだけ。値段が高いと思うなら3万以下のを使い潰してもいいだろう。

多分、パソコン無しで外国に住むとか長期旅行とかって現代人には厳しいと思う。逆に言うと、本当にパソコンとネットさえあればどこでも結構、なんでもどうにもでもなる。仕事もパソコン一台あればできる時代。iPadでは少し力不足。僕が使っているのはMBA11inchで、付属品となるのは外付けHDD、アダプタ、イヤフォンぐらいか。

カメラ

http://www.flickr.com/photos/46044706@N02/4845152362

photo by _Enza_2009

カメラについては必需品ではない。僕にとって必要というだけ。カメラを所有するのであれば、レンズは万能なものを1つか2つだけで十分だと思う。それ以上は重かったり邪魔になる。僕が持っているのは単焦点28mmF2.8、センサーがAPS-Hだから28mmぐらいでちょうどいい。フルサイズだったら35mmだけ持っていただろうな。

カメラの付属品としては、緩衝材やカメラバッグ、これも嵩張らないものが理想。充電器、予備バッテリ、レンズクリーナー、あとはSDカードリーダーぐらいか。

Kindle

http://www.flickr.com/photos/77138929@N00/5098300623

photo by Ryan Smith Photography

Kindleは持っていたほうがいいと思う。本を全く読まないという人ならいらない。ただこれ一つで移動中や飛行機の中、時間を潰すなら全部まかなえる。最近では旅行のガイドブックや雑誌なども購入できるため、もし何か本を持って行くんだったら全部Kindleにまとめてしまっていいと思う。紙の本は重くて邪魔だから、なるべく減らした方がいい。電子辞書なんかもKindleかスマートフォンで使ったほうが余分に持たなくて済む。

こまごました物

例えば腕時計とか、スマートフォンとか、十徳ナイフとか、マグライトとか、外国にも行くなら変換プラグとか、トイレットペーパーとか財布とか、ライターとか言い出せばきりがない。現地で安く手に入る物であれば所有することもない。買って使い倒して現地で捨てて帰っていけばいいだろう。こまごまとしていないけれど、自転車なんかも現地で安いのを買って使い倒せば重宝すると思う。そういうのは所有物って言わないか。

ここに挙げていないもので今自分が持っている物は、紙の手帳、文房具、この辺りは僕が語学学校に通っていたからというのもある。文具は日本製が優れている。他にはマフラー、必要かなと思ったけどほとんど使っていない。iPodとヘッドフォンは場所も重さも取らないからあってもなくてもいい。靴はもう一足ある。邪魔。保険に入っているから保険証とか。そんなもんか。荷物すくねえ。

これらは何も、旅行や海外放浪なんかに限った話ではなく、人生これでやっていけると思う。後は仕事などに合わせて調整するだけ。