3日目、スウェーデンの空港でデザイン性を見る

前回の続き

ストックホルム、アーランダ空港ではそこそこ快適に寝られた。多少暑かったり寒かった時間もあったものの手持ちの服で対応できる範囲であり、汗だくになるとか風邪をひきそうになるというほどのことはなかった。朝6時頃発の飛行機を予約したためかなり早く起きる必要がある。空港に着いたのはだいたい夕方5時だったけれど、僕は7時から12時ぐらいまで寝ていた。ぶっ続けで寝られたわけではないけれど、トロントからの夜行バスといいニューヨークからの飛行機といい2日間ほど全然寝られなかったおかげでかなり寝たほうだと思う。

 

アーランダ空港を出る準備

インフォメーションセンターで聞いたこのシートはほぼ満席になっていた。後から空いている席を探してさまよう人たちも出てきたぐらいで、早めに座って寝てしまっていたのは運が良かったかもしれない。明日はフィンランド経由でポーランドのクラクフへと向かう。どうでもいいけどなんでこれクラクフって言うのが通っているのだろう。クラコヴァとかクラコワとか呼ばれている。何語基準だ。飛行機は朝6時20分発だから、3時ぐらいにチェックインして搭乗ゲートへ向かうことになるだろう。今から3時間ちょっとならすぐだと思い、空港の中をぶらぶらしたりブログを書いたりKindleでphaさんの「持たない幸福論」を読んだりしていた。今から本気で寝てしまうと起きられない可能性があるため、寝てしまわないように注意していた。 

僕がfacebookでストックホルムの空港にチェックインなどしているとメッセージが来ていた。

「ストックホルムの空港は世界的に有名なデザイナーがデザインした内装やイス、照明などのインテリアが有名で家具好きはヨダレが出るぐらい行きたい場所だぞ」

そう言われて僕はいろいろ見て回った。SkyCity自体がそもそもかっこよく、僕が寝ていたイスやその前にあった照明も言われてみれば北欧デザインだったのだろう。

https://instagram.com/p/3asj7UBvPb/

空港で飯を食う

睡眠はよくとれたものの、食事はろくにとっていないままだった。ノルウェジアン航空はLCCだったから機内食を省いた。最後の食事はJFK空港に着いてすぐに食べたピザとコーラ。空港で7時間待って飛行機に乗っていたのがだいたい7時間ほど、到着してから空港で頭を抱えては寝てまた7時間、21時間ぐらいは何も食べていない。その前の食事もさらに半日前にさかのぼり、トロントからニューヨークへ向かう途中のパーキングエリアで朝マックを食べただけ。普段はもうちょっとましな物を食べており、さすがに偏っているなあと思ってちょっとまともな食事をとりたくなった。しかし時間は深夜2時、空港の店もレストランも大抵は閉まっている。インフォメーションへ行った時にセブンイレブンの前を通ったなあと思ってセブンイレブンに行ってみるが閉まっている。マクドナルドも閉まっている。唯一寝る前にアイスを食った店だけは開いていた。そこで買える食事はパン、キッシュ、ベーグル、サンドウィッチ、値段がだいたい小さいもので50クローネから大きいものだと120クローネぐらい。円に換算すると700円から1800円ぐらい。めちゃくちゃ高い。日本だと100円以下で売ってそうなパンが700円とかして、せいぜい800円ぐらいだろうってキッシュが1800円もする。この物価にはついていけない。これはよほど給料が良いか福祉が良くないと生きていけない。そりゃあ移民も増えるはずだ。しかしこれだけ物価がバカ高くても、今まともな食事をとっておかないと次の飛行機まで4時間近くあり燃料切れになりそうだと思ったから、キッシュを頼んだ。それは1500円ぐらいだったか、ここはレストランではなく売店みたいなところで当然作り置きを電子レンジで温めただけだ。ただ実際はサラダもついてきて思った以上に良かった。久しぶりのまともな食事だった。

https://instagram.com/p/3aseDThvPX/

やることもなくウロウロする

飯も食ったところで夜中3時近くになっていた。3時間とちょっと前だったからそろそろ荷物を預けたり出国手続きが始まるかなと思い、SkyCityを離れ飛行機が飛ぶターミナル2へと向かった。あっちの方には何もないからなるべくSkyCityに留まっていたかったものの、同時に荷物置きっぱなしでウロウロしたりしていたため早く預けてしまいたかったのもあった。ターミナル2はほぼ無人だった。深夜だしまだちょっと時間あるからこんなもんかーと思ってベンチの横に荷物を起き、貴重品を持ってまた少しブラブラしていた。空港から外へ出てみたり、外は8℃と寒かった。

空港で寝ていたりくつろいでいるスウェーデン人と何人かすれ違い、思ったのは男性はパッと見ハルクホーガンみたいなゴツイ人が多い。バイキングはノルウェーだったけどハゲで金髪ヒゲのプロレスラーみたいな体格した人が多い印象だった。一方女性はというと、なんて言えばいいんだろう、ネットゲームのパッケージに描かれそうな女性が多い。本当に金髪碧眼ばかりで、カナダやアメリカ人みたいに太っている人というのもそんなにいない。このスカンジナビアンの金髪碧眼というのは北米のいわゆるブロンドとはまた別物だった。

https://instagram.com/p/3as56nhvPv/

空港も北欧家具

特にやることもなく荷物も置きっぱなしだからベンチに座り、荷物を預けるためのチェックインカウンターが開くのを待っていた。搭乗2時間前になっても人一人現れない。日本だと「3時間前には空港に到着しておくように」というのが半ば常識みたいになっているが、これはやはり過剰なんだろうか。まあフィンランド行きで飛ぶ時間も1時間ぐらいだから国内便みたいなもんなのだろう。結局受付が現れたのは1時間前ほど、それでも他の乗客は見かけない。僕はさっさと荷物を預け、出国手続きを済ませて搭乗ゲート前のベンチに座っていた。飛行機はもう来ているようだけど搭乗が始まる様子はない。ただ待っていても暇だから歩き回った。

北欧家具の空港はここで本領発揮した。これ、どう見ても空港の雰囲気じゃない。

https://instagram.com/p/3atB-UBvP5/

https://instagram.com/p/3atPANhvAB/

果たして空港に置かれている乗客用のイスや照明にここまで本気で取り組むだろうか。姿勢の違いを見て取れる。もしくはセンスの差か。スウェーデンと言えばIKEA、H&M,それ以外にも僕が持っている物だとKLATTERMUSEN、FJALL RAVEN、URBANEARS、そして空港でまでその差を見せつけられてしまった。成田とか僕は行ったことがないけれど、少なくとも関空やJFK、ピアソンなんかとは明らかに趣向が違った。

飛行機に搭乗する

飛行機への搭乗は出発15分前から始まった。ギリギリ過ぎて日本とは差がありすぎる。先ほどのチェックインカウンターもそうだけど、僕は日本の空港で離陸1時間前にまだ飯を食っていた(チェックインは終わっている)ため空港内の放送で呼び出されたことがある。出国の税関を抜けると前にフライトアテンダントが待機しており「急いでください!」と必死なのだ。関空は出国手続きからゲートまでが遠いという理由もあるのだろうけど、それにしても過剰だった。その割には出国の際にやたらと時間がかかるおっさんにあたり平気で1時間を越え搭乗時刻に間に合わなかったことがあった。その時は幸い離陸が遅れていたので乗ることができた。両極端すぎるやろ。

飛行機に搭乗する際「ヘイ。」と声をかけられた。このヘイはスウェディッシュの挨拶で、英語で言うところのハローみたいなもんらしい。空港内で質問した時やレストランでもそうやって声をかけられ、また空港に来ている人たちどうしも「ヘイ。」と声を掛け合っている。英語のいわゆる「Hey!」とは違い、もっとイの音をしっかり発音していた。思えばこのスウェディッシュのヘイや英語のハロー!ハーイハワユー!みたいな気軽な挨拶って日本語にないんじゃないかと思った。おっす!とかよう!とあるけれど崩れすぎており、搭乗口でフライトアテンダントが使うことはできないだろう。強いて言えば「おあざまーす!(おはようございます)」が近いだろうか。

次回、フィンランドの空港を乗り継ぎ、やっとポーランドへ