読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアに来た

ワーキングホリデー

既にオーストラリアには来ており、実はもうすぐ1ヶ月経とうとしている。やっと旅行記が終わったからちょっと腰を据えてオーストラリアについて書こうと思った。ちなみにまだアルバイトは見つけていない。カナダにいた時と同様探すのがめんどくさすぎてちまちまやっている状況です。

https://instagram.com/p/5ow4dohvFN/

スポンサードリンク  

バックパッカーズ

オーストラリアやニュージーランド限定で、ホステルやゲストハウスの事をバックパッカーズと呼ぶ。日本人はバッパーと略す。個人的にはこの呼称が好きではない。だってバックパッカーと何の関係もないから。オーストラリアに着いて2週間ばかりこのバックパッカーズに滞在していた。値段は決して安くない。相場は6人部屋のドミトリーで1泊$25〜30ぐらい。数がめちゃくちゃ多く、街を歩いているとあらゆるところでこのバックパッカーズを見かける。これだけあればBooking.comhostels.comホステルワールドに載ってないようなところがもしかするとずっと安いかもしれない。AirbnbはPerthに限って言えば全然安くなかったため利用しなかった。

https://instagram.com/p/5oyg0XhvHO/

ここに2週間泊まっていた。キッチンや部屋でゴキブリが出る。

水がまずい

カナダのトロントにいた時はミネラルウォーター等を買うことなく水道水を飲んでいた。しかしこっちは水がまずくて、飲めるには飲めるけれど薬の味がする。それでも今のところ水を買わずに飲んでいるが、そのうち買うかもしれない。コーラなんかが安い(1L75¢)からコーラを飲むことが多い。

気候が抜群に良い

今はPerthという街に滞在しており、気温はだいたい9〜18℃で肌寒い。しかしながら、オーストラリアは南半球で冬だ。7月といえば冬真っ盛りで、日本で言うと12月1月、それでこの気温だ。めちゃくちゃ過ごしやすい。8月になってもだいたい同じぐらいだそうだ。反対に夏、1月2月頃はというと、17〜31℃だそうだ。余裕じゃないか。ただしこちらは日本に比べると日差しが強いため単純に比較も出来ないだろう。紫外線は7倍とか言うから。

パース (西オーストラリア州) - Wikipedia

simカード

オーストラリアに来てまず初めにやらないといけないこととして、携帯を得ること、銀行口座を作ること、タックスファイルナンバーを得ることが定番になっているらしい。携帯に関して僕はsimフリー端末を持っていないため購入した。

simカードについてはyatangoというMVNOがいいって記事をネットで見たから申し込んだものの、一向にsimカードが届かなかった。そのために僕は2週間もバックパッカーズに滞在する羽目になった。あまりにも待ちきれずboost mobileというMVNOのsimカードを買い、アクティベートして使った。その後yatangoから届いたため切り替えた。携帯が必須な理由は、部屋を探すにも仕事を探すにも電話番号がいるから。このあたりはカナダと同じ。

TFN(タックスファイルナンバー)

よくわからないけれど、その名の通り税金管理の何かで合法で働くにあたっては絶対必要らしい。タックスファイルナンバーについてはネットで申請するだけ。申請してからそのナンバーが届くまで2週間ぐらいかかる。公式には28日以内となっている。

Tax file number | Australian Taxation Office

僕は元々バックパッカーズに3日ぐらいしか滞在しない予定だったため、TFNの送付先住所として郵便局の局留めを利用した。オーストラリアだけでなく世界的にPoste Restanteというフランス語が局留めの意味を表すらしくPerthであれば66 St Georges Terrace, Perth WA 6000 ここの郵便局で局留めを受け付けている。僕は初め別の郵便局を指定してしまい、そちらへ行くと「ここには届かない」と言われ、66 st georgesの郵便局へ行くと届いていた。ホームステイやシェアハウスといった定住先を既に見つけていればその住所を利用すればいい。それ以外にも旅行で長期街を離れるときなどはこのPoste Restanteが有効活用できる。

健康保険

日本の海外旅行保険には日本からしか加入できないと言われたため、こちらから加入できる旅行保険に入った。ユニケアというところでとりあえず半年間、5万円ほど。

総合保険ユニケア(医療・旅行)-海外留学保険|ジャパンセンターオーストラリア

キャッシュレスメディカルサービスは無いため、もし保険を利用することになってもとりあえず自腹を切らなければいけない。保険はもっと他に現地のいい保険があるかもしれないけれど、英語で検索していないためよく知らない。いいのがあったら教えて下さい。尚、現在同室のイタリア人に「Medicareあるじゃん」みたいなことを言われたけど、日本人は対象外でした。

Medicare

銀行口座

銀行口座については明日はもっと遠くへ行こうというブログを参考にして、口座維持手数料のかからないNABで開いた。

他の銀行でも口座維持手数料無しに口座を持てるプランはあるということだったけれど、年齢制限があったりして僕は対象外だったため、結局NABを選びました。

住むところを探す

バックパッカーズに長期滞在する人も少なくないけれど、ちょっと高すぎるためもうちょっと安い部屋を探した。オーストラリアにワーキングホリデーで来ている人が部屋を探したり仕事を探すのはGumtreeというサイトが一般的だ。

オーストラリアは物価が高いこともあり家賃相場もめちゃくちゃ高い。トロントより全然高い。僕は今EastPerthで1週間$125(月$500)それがなんと3人部屋だ。一人部屋ではない。都心から離れた家なら一人部屋でもっと安くあると思う。オーストラリアはワーキングホリデーで来ていても車を買って運転するのが一般的であるため、そういう人が郊外に住む。僕は運転できないから。

そんなこんなでオーストラリアでワーキングホリデー入門編でした。今同居しているのはイタリア人、フランス人、韓国人です。日本人は街に出ると時々見かけるものの、会話とかはあまりしたことありません。バックパッカーズで少し話したぐらい。