読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年12月の出費を振り返る in Australia

ワーキングホリデー

前回11月の家計を振り返った時、あまりにも支出が少なかったため「たまたまこの時だけじゃないの?」という嘘八百を払拭するために12月も振り返ってみようと思った。とはいえ12月、年末、出費のかさむ時期だ。イベント事に縁がないとは言えど、付き合いに駆り出されることもあり11月に比べたら何かと出費がかさんだだろう。ヘタすると倍以上じゃないだろうか。そんなことも、カードの履歴を振り返ってみれば一発で正確にわかります。はい、2015年の12月は一体どんな家計だったのでしょうか。

スポンサードリンク  

収入  A$2,362.44(手取・約19万円)
家賃  ▲A$580(約4.6万円)
カード ▲A$230.87(約18,500円)
→支出計 ▲A$810.87(約65,000円)
貯金  A$1,551.57(約125,000円)

あまり変わらない。出費がやや増えているのはタバコ代の分。あとはレートの変動がやや影響している程度か。それにしても全然変わらない。 なんて面白味の無い結果だ。例によってカードの内訳は食費や雑費など。現金は基本的に持ち合わせていません。光熱費等は家賃に含まれている。また、例によって後から返ってくるタックスがA$1,136(約9万円)。円安待ち遠しい。