読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称、日記書き

ネット

ブログの在り方というのも変わったもんだ。最近見かける多くのブログが「お金を稼ぎたい」という目的でブログを始めており、それを言うことも憚らない。また、別のところではブログを認められていつかはライターデビューを目指していたり、本を書きたいなんていう人もよく見かける。お金にしろデビューにしろ、ブログからそういう偉業を成し遂げた先人たちは、中身はどうあれ夢があって素晴らしい。そういう目的のためにブログが手段として利用されるようになったのは、それだけブログというものが世の中に認知され、日が当たるようになったことの証だろう。

チェコ好きさんのnoteに「あなたがなりたいのはアフィリエイターですか、商業ライターですか、それともコラムニストですか?」という話があった。

ブロガーとして目指す方向性を3つに分けるとこうなるらしい。だとしたら、自分はどうだろうか。この3つのどれでもない。どう考えてもただの「日記書き」だ。先日「週刊はてなブログ」で在華坊さんのインタビューを見た。あの内容に近い。

同じく「週刊はてなブログ」のインタビューでphaさんも同じようなことを言っていた。ダイアリー時代から続けている人はこの「日記書き」の人が多いのかもしれない。

「日記書き」にとっても、ブログを見た人がどう思うか、読んだ人の反応を重視していないわけではない。でも、それが第一ではない。それが目的ではない。「日記書き」にとってブログを書くことは、アフィリエイトで稼ぐためでも有名になってライターデビューするためでもない。それどころか「自分の文章をより多くの人に見てもらうため」でさえない。じゃあなんのために書いているかというと、書きたいから書いているんだ。「日記書き」にとってブログは、手段であり目的である。何かのために書いているのではない。書くことに理由はない。書くことそのものが目的である。ただ書きたいから書いているんだ。

自分のそういう姿勢を大切に、見失わないようにしたい。自分のブログには、傾向はあれどテーマはない。専門性もない。最新情報や他て比べて秀でた部分や参考になるようなこともない。日々日常の思ったことを綴ったり、その辺で撮った写真を載っけているだけだ。だって日記だからね。

今週のお題「私がブログを書く理由」

もっと掘り下げた話