読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫について思うこと

テレビやネットを騒がす不倫という話題について、あまり考えたことがなかった。僕は独身であり、もちろん不倫相手になったこともない。それどころか恋愛をすることもめったになく、遥か遠い昔のこととなっている。だから不倫なんていうものに関心が湧くはずもない、それは今も変わらない。しかし、身近な例として二人ほど不倫をしている人がいたため、少しこのテーマについて客観的に考えてみようと思った次第です。

スポンサードリンク  

不倫の事例

身近な例と言っても自分には一切関わりのないことで、影響があったり相談を受けたりしたということもない。偶然話題に上がっただけ。不倫をしていたのは友人二人だった。この二人はほとんど接点がないものの、僕の友人ということもあって年齢はともに30代前半と近い。結婚したのは二人とも20代後半だった。彼女らの共通点は子供がおらず、夫が忙しく、専業主婦でもない。不倫相手のことは詳しく知らないけれど、確か彼女らよりも若い男性だったと思う。既婚であることを相手に告げていないとか。つまり、不倫相手の男性側としては、自分が不倫相手であるという自覚がない。不倫不倫とは言うが、それはパートナーがいる者同士の割りきった関係などというものではなく、彼女らが単純に夫以外の男性と、普通の恋愛関係を結んでいるだけということになる。彼女らは不倫相手が欲しいというよりもただの恋愛相手、彼氏が欲しくて不倫している。旧来型の結婚という枠組みにおさまりきらず、結婚してからも「恋愛というもの」を続けている。

彼女らがどこでどういう形で相手を見つけたかは知らないが、もともとモテる二人だったから、独身であろうと既婚であろうと30代になろうとも今までどおり簡単に相手を見つけられる。見た目がよく、明るく社交的で、人から好かれやすい。声をかけて仲良くなろうとする人がいても全然不思議ではない。ましてや結婚していることを相手に伝えておらず、本人もその気があるとなれば簡単に事が運ぶ。彼女らにも趣味や好みのタイプはあるが、寄ってくる人が多いため相手を選ぶのに苦労しない。彼女らの事例というのは相手がいなくて困っている人にとってあまり参考にならない。

結婚と不倫

彼女らが何故不倫をするのだろうか。そもそも何故結婚しているのか。結婚した理由としては、これは本人たちの口から聞いているが、経済基盤と体裁がある。彼女らの夫はどちらも経済的に豊かである。結婚することによって経済的な不安が解消するどころか、生活レベルも向上した。それが大きな魅力となっている。もう一つ、体裁については自分の見栄や評判のためということになる。現代においても結婚にまつわる社会的抑圧を感じる人は多い。彼女らに至ってはそれが解消できるばかりか、結婚相手のおかげで自らの評価まで高まる。彼女らにとって結婚という契約は合理的に考えてプラスに作用するものであった。もちろんそれだけでなく、相手を気に入ったという理由もあるだろう。

さて、そうやって結婚をした彼女らが、何故不倫をしているのか。彼女らの結婚において、不倫は容認される条項ではない。夫にバレてしまうと離婚に発展する可能性もある。それでも不倫を選択している理由はいくつか考えられる。まず、リスクが過大ではない。夫が鈍かったり無関心であったりバレる危険性というのが極めて少ない場合や、夫にも不倫の傾向があるためリスクが一方的でない場合が考えられる。さらに離婚したところで大したことではないという人だっている。一人でも十分やっていけるとか、次の相手がいくらでもいるとか。もしくはリスクを認識していないこともあるだろう。現状で享受している恩恵、離婚によって失うものの大きさが理解できておらず、誰でもやっているからといってほんの遊び程度で気軽に不倫していることも十分に考えられる。友人二人が現実としてどれに該当するかは、いざ夫にバレてみないことには何とも言えない。しかし彼女らを不倫に駆り立てる要素として欠かせないのは「恋愛をやめられない」という要素だ。こればかりはもう取り憑かれていると言ってもいい。

恋愛中毒

彼女たちにとって重要なのは「相手がいる」という状態ではなく、「相手そのもの」でもない。ただ「恋愛中であること」が本人たちにとって最も重要なのだ。恋愛相手だった夫と結婚してしまうことで恋愛が解消されてしまったため、次の恋愛相手を探さざるをえなかった。結婚後も夫と恋愛関係が維持できていれば、彼女らはもしかすると不倫しなかったかもしれない。現実は不倫によって、不倫相手との恋愛状態を続行している。それほどまでに、彼女らの人生においては恋愛がなくてはならないものになっている。いっときたりとも欠かすことができない。もともと恋愛中毒の人であっても、子供がいたり仕事に打ち込んでいたり恋愛以外に集中するものがあって不倫なんかしてられないという人もいた。友人らについては子供がおらず、バリバリのキャリアでもなく、財力があるため絶好の不倫環境にあると言える。しかも夫が忙しくて本人が恋愛中毒となれば多少のリスクは目に入らないだろう。

男性の不倫経験者というのはどちらかというと、恋愛よりも性欲中心になることが多い。もちろん恋愛がしたいという理由で不倫に走る既婚男性も少なからずいるだろうし、初めは性欲だけのつもりだったのに恋愛関係が中心になってしまったということも聞く。それらは又聞きであり、男性の不倫について身近な実例がないため詳しくは知らないが、男性の場合少なくとも最初は性欲をきっかけとするケースが多いことは容易に想像つく。同じ不倫という言葉であっても、性欲を中心とするか恋愛を中心とするかではその内容が明らかに異なってくる。どちらがいい悪いという話でもないが。

不倫は是か非か

そんなことは僕にわかるはずもなく、関係もないんだけど少し考えてみよう。不倫がよくないと言われる理由は一体なんだろうか。契約違反である、相手がかわいそう、子供がいれば子供がかわいそう、社会常識に則っていない、違法である(民法上の不貞行為にあたる)そんなところか、たくさんあるな。これらをまとめると、現行の制度や慣習にそぐわないためよくない、ということになる。全体的に見てルール違反だ、ということだ。信号無視がダメ、立ちションベンがダメ、というのと大差ない。社会的にはそういうことになっている。

しかし不倫に罰則はない。不倫が理由で罰せられるような制度は日本の現行法において存在しない。それは不倫という個人の行為に対し、他者や権力が介在する権利を持たないということになる。もちろん民事裁判になれば不貞行為を根拠にそれなりの判断を下されることになるが、それは飽くまでも当事者間に司法が立つだけの話であり第三者には無関係だ。制度や慣習についてどう考え、行動するかは飽くまでも個人の判断に委ねられることであり、当事者間の問題であり、周りの人間にとやかく言われる筋合いはない。もちろん周りがとやかく言うのも制度の範囲内において自由だ。罰則を持たない制度においては周りの声が多少なりとも抑止力になり、全体のルールを維持しやすくなるかもしれない。しかし、僕は思う。所詮は他人事だと。

他人の所業なんてどうでもいいじゃないかと思ってしまう。不倫を非難する人々にとって、不倫という行為は自らの気分を脅かすノイズなのだろう。そのノイズを取り除くために他人の行為を非難する。それが自らの精神安定に繋がると信じ、自分のために他人を非難する行動を起こす。他人を変えることで自分を維持しようとする。自分と他人の切り分けができていない。自分と他人との間の壁が薄いと感じる。自分と他人との区別が曖昧なのだ。非難するのはもちろん自由だが、人間は多種多様でありそんなことをやっていてもきりがない。労力の無駄だ。それよりは「人は人、自分は自分」と割り切るか、自分と他人との意識の壁を厚くするか、制度や慣習を則るだけでない確固たる自分を持ち、他人のノイズに惑わされないようになったほうが後々の事を考えても楽であり有益であるように思う。周りを気にするよりも、もっと自分にとって大切なことがあるだろう。他人を非難する暇と労力があるなら、もっと自分や家族のことを考えてあげたほうがいいんじゃないだろうか。やっぱり不倫なんてどうでもいいってことです。例えそれが自分の親兄弟友人であったとしても、したければすればいいんじゃないでしょうか。否定はしません。