読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優れた女に対する男のプライドという構図

世の中にはわからない物事がたくさんあって、その中の一つがこの、優れた女に対する男のプライドという構図だ。こんなもの実在するのかどうかさえ疑わしいが、例えば、高学歴女性はそれだけで相手のプライドを傷つけるからモテないとか、カップルや夫婦において、女性のほうが学歴や年収が上だと男性のプライドが傷つくとか、そういう話をよく見かける。この、女性より優位に立ちたいという男性の願望みたいなものは本当に存在するのだろうか。プライド?それプライドなの?そんなことに固執している方が余計に器小さくて惨めじゃない?自分より学歴や年収低い人が相手ならプライド守れんの?そんなプライド守る価値あんの?よくわからない。個人的には、年収や学歴の高い女性、その他見た目でも身長でも人脈でもカリスマ性でもなんでも、自分より優れた相手なんて良いことしかないから大歓迎で、そういう意見が当たり前だと思っていた。だって、論理的に考えても自分より優れた相手が身近にいるってことは良いことしかないだろう。自分のわからないことを理解している人や自分の知らないことを知っている人であったり、自分の届かないステージで自分にはできない活躍をしている人が身近にいるということは、すなわち自分に持ち得ない世界が目の前にあるということで、刺激になるし勉強にもなる、得られるものしかない、ボーナスステージみたいなもんじゃないか。それを「プライドが傷つく」ってなんだ。本当に理解できない。そんな人が存在するのか?それでは、その人は相手に一体何を求めているのだ。もちろん「優れている」という面は、相手を選ぶ基準ではない。相手が自分より優れているから、それで得することが多いから相手を選ぶわけではない。相手にコミットメントするにあたっては、考え方や生き方など、対象の人格と自分がマッチするかどうかという部分が大きい。だから、その他の優れた面なんていうのはボーナスでしかない。そのボーナスが査定基準においてマイナスに作用するなんて、一体どういうことなんだろう。生活レベルが違いすぎるとか、価値観や世界観に大きな隔たりがあるというなら理解できなくもないが、それだったらそもそも付き合う前提にさえ入らないだろうし、それでも付き合うならお互いの歩み寄りでなんとかなるだろう。相手と同じステージに立ちたいと思って奮い立つとか、知性に対しても仕事に対しても前向きになることだってできる。そうではなく「自分より上の相手はプライドが傷つく」とか「自尊心が傷つく」って一体なんだ。本当によくわからない。どのような心理メカニズムが働いているんだ。誰かわかりやすく説明してほしい。自分より優れた相手なんて大歓迎じゃないか。