読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google+のソーシャルボタンいらなくね?

ネット

先日ブログ上のソーシャルボタンをいじっているときに、一つの疑問が湧いた。ソーシャルボタンはブログの記事をTwitterに投稿したりPocketに保存したり、気になるものをマークしたりお知らせするために利用されている。そんな中に紛れるSNSとしてのGoogle+、果たしてみんなGoogle+って利用しているの?Google+は何年か前に仕様が変わり、GmailなどのGoogleアカウントを持つ人はホームが全て一度Google+に統合された。だからサービスとしての意味でのGoogle+利用者は結構多いだろう(その後分離できるようになった)。しかし、そのGoogle+としての機能を利用するアクティブユーザーっているの?いないよね?

スポンサードリンク

 

3年前、当時僕はwebデザインの講習に通っていた。その時言われていたのは「Googleは今Google+に力を入れているから、Google+の利用状況がSEOにも影響するよ」という話だった。その話を聞いて僕のブログもGoogle+ページを形だけでも作り、ブログの更新した内容をせっせと投稿していた。それが果たして効果があったのか。Google+経由のアクセスなんていうのはもちろん無いが、SEOに影響は及ぼしたのだろうか。

などと言っているうちにそもそもGoogle+の話を全然聞かなくなった。使っているという話も聞かない。しかし、ずらずらと並ぶソーシャルボタンにはいまだGoogle+が残っている。これ意味あんの?と思って僕は消した。結構前に。

今年1月の月間アクティブユーザー(MAU)を推測した。ここでのMAUは、Google+に1度でも投稿する人のことだ。その結果、1月のMAUは400万~600万人との推測が得られた(ちなみにFacebookの場合、日本だけでもMAUは2000万人を軽く越える)。

Google+はなぜは失敗したか。元社員が語る敗因 (2015/05/13)

もしあなたがGoogle+ファンなら、今日はめでたい日だ。あらゆる予想を覆して、あなたの好きなソーシャルネットワークは今日5歳になった。それ以外の人にとっては、Google+が今もオンラインでいることが驚きかもしれない。

Google+、5歳になって今もどうにか生きている | TechCrunch Japan (2016/06/29)

今日、私は、Google+への投稿をやめると決めました。実際、何のメリットもないからです。そこで私の名前を見つけた、あるいは、私の記事を読んだという話は、誰からも聞きません。そう言えば、ここ数カ月間、自分のアカウントを訪れてもいません。

Google+アカウントを閉鎖する時が来たのは、なぜ? | ライフハッカー[日本版] (2015/09/01)

Google+アカウントを持つ人の数は多いと推測されますが、実際の利用はそれほど多くないと言われています。海外では利用者が増加している、あるいはその逆にサービス終了も間近だ、などといった情報が時折流れますが、いずれも噂の域を出ないようです。利用数などについての新しいデータは公表されておらず、日本の企業ではSNSとしての積極的な活用は進んでいません。

LINE、Facebook、Twitter、Google+、あらためて昨今のSNS事情まとめ | インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと | エムハンド (2015/03/16)

やっぱいらなくね?こうやってネット上の記事を検索していても、最近では話題にも挙がっていないため新しい記事が出てこない。GoogleはRSSリーダーやiGoogleなどのそこそこ利用されていたサービスであってもあっさりと終了してきたイメージがある(Googleグラスとか結局どうなったんだっけ)。いくら今までGoogle+に力を入れてきたからと言っても、さすがにそろそろ終了するんじゃないか?

Google+フォトは8月1日にサービス終了します|ギズモード・ジャパン

ぐぐたす終了の布石か。Google+のプロフィール利用中止へ。 | UROKO

上の二つはどちらも去年の記事です。その上でGoogle+というサービス形態を残しておく意味はあるのだろうか。むしろなんでなくならないんだろう?個人的には検索とマップを頑張ってもらえればそれでいいかななんて思っています。特に検索は昔のほうが使い勝手が良かったというか精度が高かった印象があるので、今どうなってるのかわからないけれど赤字続きのTwitterを買収するなんていう話も出ているからGoogle+は知らぬ間にひっそりとサービス終了するか、もしくは今のまま見向きもされないサービスとして生ける屍のようweb上の残骸になるのかもしれませんね。

ニュース - Twitterが身売り検討中か、近く買収提案受ける可能性:ITpro

そういうわけで、ブログにGoogle+のボタンを残しておくなんて意味ないと思うんですよ。Google+利用者が多くて恩恵を受けているような媒体はそのままでいいと思うんだけど、少なくとも自分のブログにおいては無くていいと思って外している。SNSでもシェアの選択肢を多く残しておけばその分より裾野が広がる、って思うかもしれないけれど実際その考え方は間違いで、仮にそうだとしてもGoogle+をそこに加えなくてもいいかなって。