読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふれあい広場

ネット

動物園に行くとヤギやポニーやうさぎといった小動物と直接触れ合うことができる「ふれあい広場」というのがありましたね。そんな感じでブログの一部スペースを「ふれあい広場」として開放している。僕は人とのつながりを構築するのが苦手で、学校や職場、その他コミュニティに属してもあまり人と関わらなかった。友達も少ないというかほぼいない。横のつながりも縦もつながりもない。ネットにおいても同じ。相互の関係性がなく一方的だったり一時的な関わりで終わってしまう。

人のブログを見ていて、書いている人が読んだ人とやりとりしている姿を見かけると、ネタに困らなくてうらやましい。自分一人で完結してしまえば視野の拡がりに欠ける。議論することで精度を高められたりするのは理想的だ。そんなことを考えながら、なんとか他人と接触する機会を作ろうと思い、ブログ経由でも人と関わろうとしてきた。そんなふれあい広場。

スポンサードリンク

文字のやりとり

Twitterは別として(Twitterでもあまり人と関わっていないけど)、ブログ上で文字のやりとりをした記録。

投稿フォームに限らず、日記に対してときどき直接コメントをもらう。今よりもっと前、2013〜4年頃はコメント欄のやりとりが多かったけれど最近は減った。気軽にコメントできる手段として新たに投稿フォームを設置したのが2016年の12月。こちらから呼びかけたこともあって、再びやりとりができた。もっと議論が深まればいいと個人的には期待していたりする。

会話

これは2015年にやっていたSkype録音になる。

最近は機会がないというか接点がないというかネタがないというか、ワンクールぐらいの企画として終了している。この後に地元で会って話した人もいるんだけど、そっちは別枠として、いずれにしても定期的には行っていない。ツイキャスで一部話した人たちもいるが、滅多にない。こういうことは真面目に考えるとハードルが上がって億劫になるんだけど、真面目に考えないと何もやらなくなる。また機会があれば、なんて言っているうちはやらないんだろうなー。

会ってきた

会う会わないっていう話は偶然決まることだから滅多にない。それ以外はコンテンツとしてブログに載せるために会って話しましょうというのが3回ぐらい。

女の人が多いのは、見ている人が女の人のほうが多いからだろうか。そんなことないと思うんだけど、コメントなんかも女の人からもらうことのほうが多い。他にもIDを特定されるのが嫌だということでブログには載せない形で会った男性もいる。二度も三度も会うってことはほとんど無い。一度目で終わらなかった話を完結させるぐらい。日常生活において接点のない人たちと会う機会を得られたのは良かった。

このような形でふれあい広場をご利用いただいている。これを読んだ人は僕のことを「なんて寂しいやつなんだ」と思ったでしょ。ネットでもどこでも人付き合いが苦手なんです。