シェンムーを買った

まだ届いていない。ドリームキャスト版の中古をメルカリで、1と2合わせて1,500円。去年新しく出たPS4版は、新品が3千円ぐらいで売ってる。

そう、購入したのはシェンムー3ではない。今月11月19日、シェンムー3が1,2の続編として18年ぶりに発売された。製作にあたり、アメリカのクラウドファンディングKickstarterで支援を募ったところ一瞬で達成。ゲーム部門の記録を塗り替え、ギネスにも登録されたそうだ。海外のファンには年収の1/3をクラウドファンディングに出資した人や、家を買うことをあきらめてその額をシェンムーに出資した人もいるらしい。

それから4年、満を持してシェンムー3が発売された。シェンムーファンは今大いに盛り上がっている。

シェンムーは僕が中学生の頃に発売された。当時テレビCMが繰り返しやっていたのを覚えている。僕はドリームキャストを持っていなかったし、周りでプレイしている人の話も聞いたことなかった。だから、シェンムーに注目したのは今が初めてだ。

ラジオではシェンムー好きのDJ RAM RIDERと、シェンムーが好きすぎて15歳で日本に来た、オランダ人のゲームライター、クラベ・エスラ氏が、シェンムーを初めて知る人にもわかりやすく、全てを肯定して熱く語っている。

これを全部聞いてもいまだに「どんなゲームなんだろう?」という思いが強い。ちまたではどうやらクソゲー扱いされているようだ。シェンムー1,2にはまって、3を買うことになるだろうか?今だとプレイ動画もあるから、どんなゲームかを知るには実況を見るのが手っ取り早い。