何もしないで時間を過ごす

最近何もしないで時間を過ごすことが多い。本は全然読んでおらず、映画も見ていなければNetflixドラマも見ていない。ネットはほどほど、ソシャゲはまあまあ。写真も撮っていなければ、日記もあまり書けていない。少し前まで自分の活動と言えばコレ、というぐらい中心だった動きを、今は全く何もしていない。何をしているんだ一体。ラジオは聴いている。

宇多丸さんとかが多忙の中でも映画見まくっていたりライブツアー周りながら美術館寄って本も読んでドラマも見ているのはちょっと真似できないにしても、世の中には空いた時間を有効活用してコンテンツを確実に消化したり勉強したりしている人がいる。忙しさは言い訳にならない。というかそもそも忙しくない。じゃあ一体何しているんだ、やっぱり何もしていない。睡眠時間が長いかというと、そうでもない。7時間ぐらい。

暇っちゃあ暇なんだけど、時間はあっという間に過ぎていってしまう。夕食の間にドラマを見たりはする。最近見たのはAmazonプライムビデオのモダン・ラブで、今見ているのはザ・ボーイズ。それもまだ3話ぐらい。アイリッシュマンもマリッジストーリーも見ているから、追えている部分はある。ただそのあたりも本当に見ただけで、消化しきれていない。ダニエル・ブレイク見たい。家族を想うときを見に行こうとしている。

最近やっていることと言えば、去年レコードプレーヤーを買ってから毎日レコードばかり聴いている。レコード文化圏に入門したことになるが、なにせ自分は音楽に疎いため、あまり入り込めないだろうなーということは目に見えている。ことの発端は中古邦楽レコードが大量に手に入ったことで、数年前からシティ・ポップが流行っているから、この中にもお宝が埋もれているんじゃないか、と探し始めたのがきっかけ。

結局シティ・ポップは見当たらなかったが、1枚2万円ぐらいで売れたレコードもあった。転売ヤーではない。

何もしないで時間を過ごすのは、それはそれで良いと思えてきた。このまま年をとってしまってもいいだろう。その一方で、時間を目一杯使って文化を咀嚼吸収したり、活動に勤しんで視野を広げたり世の中を体感したり、メキメキ腕を磨いている人がいる。それも良いと思います。ただ自分は今そういうタイミングではないのだろう。