難しい

ああもう恐い、難しい。
自分はやはり気違いであり、
気違い同士共感死会えるというのが
なんとなく明白になりつつあります。

さあ、そう言いい斬って良いものか。
自分とか、好みとか、価値観とか、スタイルとか、
人種民族国家、文化とか階級とか時代とか世界とかに
拘り過ぎないようにしなくては。

特に個人間では、壁は禁物です。
わからないのは仕様がない。知らないもの仕方ない。
興味がないのはわかる。本当に面倒くさい。
苛立つこともあるかも知れない。
自分の中では一線を引いても良い。ただ、対外的に、
聞く耳、見る目、受け入れる姿勢を持とうではないか。
前へ前へがっつかなくても良い。黙って聞くぐらい、
相づちを鬱ぐらい、理解をするぐらい。

度量だな。キャパシティが足りない。
広く大きく強く。
狭く鋭く激しく行ってたらいかん。
目指せ博愛。ナザレのヨシュア

我不語