旅行好き

旅行カテゴリのまとめはこちら

「日本を降りる若者たち」を読んだ

2007年に出た新書。一年の大半をタイ、バンコク、カオサンロードの日本人宿で過ごし、残り数ヶ月だけ日本で働いて生活費を貯めるという、当時一部で流行った「外こもり(海外で引きこもり)」というライフスタイルを調査した本。どういう人が「外こもり」の…

「ニッポンの海外旅行」を読んだ

この本は「日本の若者はなぜ海外旅行をしなくなったのか?」という疑問に端を発し、1960年代から2010年までの50年間における、日本の若者の海外旅行傾向の推移をまとめた本だった。僕みたいに旅行が生き甲斐だった時期のある人間からすれば、非常に興味深い…

個人的な旅行の行く末

最近、といってもここ1年の間に、この自分のはてなブログを読んでいる(読んでいた)という人3人ぐらいと話した。話した相手は、緊急事態中にTwitter経由でZOOMで話した人、東京からこっちに出張で来ていた人、去年からたまたまこっちに住んでいる人。3人そ…

最近読んでいる本

最近「インドで考えたこと」を読んでいる。この本は著者がインドに行って、簡単に言えば文化の違いに圧倒されたということがつらつらと書いてある。そして我が日本を振り返ってみてどう思うか、まさに外から日本と、日本人と、客観視した本だと思う。それも…

GoToトラベルで温泉へ行ってきた

先日GoToトラベルを利用して、九州まで温泉につかりに行ってきました。海外旅行は当分できない。国内もタイミングを見計らっていた。今ならなんとか旅行できそうな気がして。温泉だったらいつでも行きたい。なんならドーミーインでもいいとまで言っていたが…

温泉は行きたい

最後に温泉に行ったのは2年前の今頃になるが、そんな本気の温泉でなくてもいい。ドーミーインの最上階にある温泉でもうれしい。ドーミーインは年末に泊まり、夜遅かったため小さいながらほぼ貸切状態だった。だったら銭湯でいいじゃないか、ともなるが、銭湯…

エンドレスで振り返る旅行トーク

自分は「旅行好き」でいることが長かったから、なにごとも旅行ネタに絡めてしまうことが定着してしまっている。旅行についてめちゃくちゃ詳しかったり生きがいになっているような人と比べたら趣味の範囲でしかないけれど、旅行本を好んで手に取り、旅行話に…

アフリカ黒人に何も思わなくなってきた

彼らのことを理解したわけではないし、知らないこともまだまだいくらでもある。ただ、「アフリカ黒人だいたいこんな感じ」というのは掴んできた気がする。つい2、3ヶ月前まではけっこう未知の存在だったけど、今となってはもう慣れてしまったところがある。…

モバイルマネーをご存知ですか?

ケニアではMpesa(エムペサ)、タンザニアではWakala(ワカラ)というのが有名らしい。アフリカにいる人はみんな使っているモバイルマネー、聞いたことありますか?僕はなかった。 モバイルマネーとは、電話番号と連動したモバイルマネー口座にお金を預けた…

アフリカにおける日常の些末なこと

虫 約束 アフリカンウェア 水

旅行中の乗り物の話

マイレージが加算されなかった 乗合バス Uber

街です

今日は街の方にいます

こっちの生活日誌

こうやって生活日誌を書いていると、カナダやオーストラリアへ行っていたときのことを思い出す。その後日本に帰っていた2年間で、すっかり日本慣れしてしまっていた。しかし今まさに外国にいますっていう感じの日々が続いている。事実いるんだから当たり前か…

蚊、断水、下痢

近況。ひょんなことからアフリカにいる。このあたりはマラリア汚染地域と言われているが、虫除けしていても蚊にめちゃくちゃ刺される。どう防げっちゅうねん。同時に、最近このあたりではマラリアに罹ったりしないという噂もある。実際のところはどうなのか…

出雲大社、玉造温泉、島根観光

偶発的に、島根県へ旅行することになった。行き先は僕以外の人たちが決め、ただただついていった形。もともと温泉旅行をするという話に始まり、出雲大社へ行きたいという人がいて、玉造温泉のある島根になった。メンバーは前の職場のお客さんたち。自分はス…

#思い出の家族旅行

日記を書こうにもテーマが全く思いつかず、久々にお題を利用してみようと思った。思い出の家族旅行。僕は自分の家族を持っていないから、幼少期の話になる。うちの母親は旅行が好きで、子供の頃はよく旅行に連れて行ってもらった。もっとも今となってはどこ…

2万円(+消費税)でハワイ行けるって知ってた?

知り合いから「今2万円でハワイ行けるって本当?片道のこと?」と聞かれた。ハワイは眼中になかったので、いつ行くのか聞いて航空券を調べてみた。 スカイスキャナーによる大阪 関西国際からホノルル国際までの格安航空券(公開時点) 往復です!往復21,600…

旅行の原体験を振り返る

今年の旅行として、本当はベトナムに行こうと思っていた。初めて一人で旅行したのがベトナムのホーチミンで、8年ほど前。右も左もわからなかったし、英語もわからなかった。あれからベトナムはどう変わったのか気になっていた。途上国はあっという間に様変わ…

渡航に向けた欲しいものリスト

渡航するかもしれない。少しずつ用意し始めているが、渡航にあたり買っておいたほうがいいっぽいものが出てきた。今持っていないもので、渡航に向けてのほしいものリストを作ってみよう。 ソーラーパネル ヘッドライト 虫除け周り 予備バッテリ キーボードカ…

「一人旅できる人すげー」のツイートを見て

3日ほど前、Twitter上で一人旅うんぬんの話が盛り上がっていた。 「一人旅ができる人すげー」ってよく言われるけど、僕からすれば、周りに予定を合わせる苦労も惜しまずみんなで楽しめるように周りを気遣って好物を差し置いて一緒にご飯をたべて行きたいとこ…

香港旅行記4日目「感想・考察」

前回の続き 4日目は15時50分発の飛行機に乗る。空港には14時ぐらいに着いておけばいいだろう。帰るにあたりカバンに荷物を詰め、軽く掃除を済ませ、宿泊先を出た。今日も暑い。速やかにバスに乗り、佐敦(ジョーダン)駅を目指す。 バスで直接空港へ向かうこ…

香港旅行記3日目「香港アイランド」

前回の続き 2日目は朝早かったにもかかわらず、夜なかなか寝られなかったため3日目はゆっくり起きた。今日は香港アイランドへ行く予定だ。香港に来たにもかかわらず、まだスターフェリーにも乗っていない。スターフェリーも深夜特急に出てきて、こちらに来た…

香港旅行記2日目③「夜の街を歩く」

前回の続き 食事の最後にデザートがある。デザートだが、頼んだのは豆腐だ。大きな豆腐を薄く何度も掬って、それぞれの器に移す。 「日本ではこういう食べ方しないだろ?」 と言って彼らはシロップとカラメルのような砂糖の粒をかけ、食べる。僕もそれになら…

香港旅行記2日目②「香港人に聞く」

前回の続き 購入したドローンを抱えて(コンパクトなものだが)深センから香港へ戻る。深センにいたのは実質3時間程度、電子機器好き(家電マニアなどではなく工作の方)だったらもっと楽しめたと思うが、僕が見てもわからないため短い滞在となった。 今日は…

香港旅行記2日目①「深センの電気街」

前回の続き 泊まったところはエアコンつけっぱなしで寝苦しくなく快適だった。ただ、ひとつ驚いたのは、中国式のシャワーだった。「香港や中華圏では当たり前のスタイル」と言われたが、日本人にはなかなか受け入れがたいと思う。日本のアパートにはユニット…

香港旅行記1日目③「チラ見の重慶マンション」

前回の続き 九龍寨城公園を離れ、宿泊先の方面へ歩いた。歩いて30分だが、泊まる先の人は夜7時に仕事が終わるため、まだ時間がある。休憩したり時間をかけながらブラブラと歩く。香港の街はどこ歩いても香港の街で、こんなのがずっと続いている。 この時期の…

香港旅行記1日目②「九龍寨城公園」

前回の続き 香港国際空港から市街への行き方は3つある。電車とバスとタクシーだ。例外としてホテルのシャトルバスや、ツアー客の送迎車などがある。 電車はエアポートエクスプレスという名で、駅は空港に直結しており、まっすぐ市街地へ向かうことができる。…

香港旅行記1日目①「入国!!」

前回の続き カメラのキーホルダーをカバンにつけている。2015年にストックホルムのフォトグラフィスカで買ったもので、今回旅行するリュックを買ってからずっとつけていた。それがこの関空に来て壊れた。 レンズの部分がとれた、不吉だ

香港旅行記、プロローグ

出国の搭乗時間は朝8:50、搭乗手続きは遅くとも30分前までに終わらせないといけない。空港で1時間余裕を持って行動しようとすると、朝7:20には空港に着いていなくてはならない。自宅から関西国際空港までは2時間半かかる。となると自宅を出るのは朝4:50、そ…

リュックひとつの旅行だった

去年の旅行は一ヶ月弱だったため、LCCに乗る際も預入荷物があった。今回は3泊4日と非常に短い旅行だったから荷物が少ない。30Lのバックパックで旅行した。通常のリュック、いわゆるデイパックと呼ばれるものが15Lサイズで、少し前に流行ったアークテリクスの…