「人生は一度きり」だから贅沢するのか

定期的に貯蓄をしていると回答したのは黒人で33%、ヒスパニック系で36%だったのに対し、白人は29%にとどまった。「人生一度きり」といった考え方の影響も表れた。「世界的な困難を考えると、きょう一日だけを生きればよいと思う」との文章に共感すると回答したのは48%。

文脈からすると、「人生は一度きり」だから貯蓄しないで使ってしまうそうだ。世の中にはきっとそういう人もいるのだろう。けれど貯蓄をする人も、みんながみんな我慢して将来のことを考えて貯蓄しているわけではないと思う。中には「貯金が趣味」と言う人もいて、貯めることそのものが楽しい人だっている。

僕も明日や未来に備えるより、今日を十分楽しむという考え方に近い。でもそれが=贅沢する、お金を使う、にはならない。お金を使う楽しみにあまり興味がないのだろう。食べ物は全然関心ないし、物は増えれば嵩張るからあまり増やしたくない。良い物を持つと扱いにも慎重になり、気が重くなる。貧乏性なのかもしれない。お金を使うことに抵抗がある。

「いい暮らし」みたいなのにも全然興味がない。僕が貯蓄なり投資にお金を回すのは「使い道がないから」が一番近いんじゃないか。僕以外にもきっとそういう人は多いと思う。趣味人ではないから、何かを集めたとしても一時期的、良い物を買ったとしても飽きてしまう。探究心や慈善の心もない。めんどくさいが勝ってしまう。見栄を張りたい気持ちもない。

お金の使い道が豊富な人は、それだけ人生を楽しむ幅があるのだから、いい人生を過ごしている。うらやましい。興味の幅が広かったり、喜びを感じる物事が多く、それらをお金を使うだけで得られるなんて、そんなに幸せなことはないんじゃないか。自分は足りているから、それはそれでいいのか。

当たり前のように防水仕様を選びがちになった

防水と言っても、基準は撥水、耐水、防水と段階があるらしく、いわゆる完全防水みたいなものはほとんど持っていない。IPx8といった規格もいつからか主流になった。僕はワイヤレスイヤホンを選ぶときによく見かけた。水に濡れても大丈夫というのは心強い。これまで何度雨に濡れていろんな物をダメにしただろう。教科書とか。本はさすがに防水仕様はない。

10年前、長期旅行をするにあたり、荷物をダメにしたくなくて、なるべく水に強い旅行カバンを選ぼうと思った。その当時買ったのは、クレッタルムーセンという会社の65Lバックパック。今も売ってるのだろうか。今はきっと、もっといいのがあると思う。

香港に行くとき、短期旅行用・機内持ち込みサイズのリュックを買おうと思った。ちょうど雨季で、防水仕様は必須だと思った。そのときに買ったのはCHROMEのバックパック。今もよく使っている。ビニールが分厚く重いが、今はもっと軽量化されているらしい。

旅行中は防水靴を持ってなくてたびたび靴の中が水浸しになった。最近になって雨用の靴を履くようになった。重宝している。もっと前から履いておけばよかった。防水と言ってもGORE-TEX使ってるだけで、浸水を防ぐとかではない。まずはアウトドアブーツを買った。ダナーフィールド。

ブーツは脱いだり履いたりが大変で、普段履きができるスニーカーもほしいと思った。イノヴェイトのFLYROCというのを買った。トレランシューズらしい。履き心地がいいかっていうと普通。雨の日はダナーフィールドかイノヴェイトを履くようになった。

普段はニューバランスの996を履いていて、去年あたりからこのモデルもGORE-TEX版が出るようになった。今度ニューバランスを買うときはGORE-TEXにしたい。2002もGORE-TEXモデルがいくつか出ていたが、すぐ売り切れる。880やXC-72などはいつでも買えそう。

生活していると、梅雨に限らず普通に雨が降る。にもかかわらず、防水加工は標準ではない。靴でも鞄でも、雨対策をすると雨の日の外出も思いの外快適に過ごせることに気づき、自然と普段から防水仕様を選ぶようになりました。

今週のお題「レイングッズ」

その後、と他に気になった投資記事

以前にまとめた『日本の素人投資マネーが米国に流れている』のその後の話。NISAつみたて枠に米国ブラックロック社のiシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV, 手数料0.03%!)が承認されて気になっていた。

新NISAつみたて枠についに海外ETFが!と思ったが、今のところそう簡単な話でもないらしい。

つみたてNISA初となる「米国ETF」が認可 黒船来航になるか(山口健太) - 個人 - Yahoo!ニュース

続きを読む

#私を構成する42枚 が流れてきたので

無理矢理選んでみた。

ツイートの通り、特別音楽に時間と情熱を割いてきたわけでもない人間にとって42枚は多すぎなので、無理矢理詰め込んだらこうなった。特に後半はここ数年で買ったレコードで無理矢理埋めているところがある。私を構成するというからには、構成に見合ったエピソードでもあればいいのだろう。以下、エピソードがあれば軽く書いている。

  • Radiohead - Kid A
  • Nirvana - In Utero
  • NUMBER GIRL - Sappukei
  • The Supreme Jubilees - It'll All Be Over
  • Amy Winehouse - Back to Black
  • Terry Callier - What Color Is Love
  • Sam Cooke - Live At The Harlem Square Club
  • Nujabes - Hydeout Productions (First Collection)
  • Sublime - Sublime
  • Steve Hiett - Down on the road by the beach
  • Marvin Gaye - Live
  • Ahmad Jamal - Ahmad Jamal'73
  • Billy Harper - Knowledge Of Self
  • Kenny Rankin - The Kenny Rankin Album
  • Donny Hathaway - Live
  • Cy Timmons - The World's Greatest Unknown
  • Brian Eno - Small Craft on a Milk Sea
  • Hiroshi Yoshimura - Music For Nine Post Cards
  • The KLF - Chill Out
  • Thee Michelle Gun Elephant - カサノバ・スネイク
  • Wu-Tang Clan - Enter The Wu-Tang
  • Cocco - ブーゲンビリア
  • Capsule - FLASH BACK
  • Jackie Mittoo - The Keyboard King
  • Loris S. Sarid - Music for Tomato Plants
  • 尾崎豊 - 回帰線
  • 森田童子 - マザー・スカイ
  • Vanessa Amara - Music For Acoustic Instruments & Feedback
  • Monica Zetterlund & Bill Evans Trio - Waltz For Debby
  • Alvin Curran - Fiori Chiari, Fiori Oscuri
  • Wee - You Can Fly On My Aeroplane
  • Chaweewan Dumnern - The Sound Of Siam
  • Various Artists - The World Is A Cafeteria: American Soul Music 1955-1998 [Cairo v.5]
  • George Winston - Autumn
  • Sun Ra - Lanquidity
  • Green-House - Six Songs For Invisible Gardens
  • The Humble Bee - a miscellany for the quiet hours
  • Björk - Homogenic
  • The Yellow Monkey - SICKS
  • Skrillex - Scary Monsters and Nice Sprites
  • The Simple Carnival - Girls Aliens Food
  • Aerosmith - Nine Lives
続きを読む

いつからコーヒーを飲むようになったか

あまり覚えていない。マンガを読んでいると、子供や学生がコーヒーを飲めないとかまずいとかって表現が出てくる。僕も中高生のときはさすがにコーヒーは飲んでいなかった、かな?いや、思い返せば缶コーヒーを飲んでいた。お昼ごはんに合わせて飲んでいた気がする。菓子パンを買ってブラックを飲むとかやっていた。ということは、わりと幼い頃からコーヒーに親しんでいたことになる。さすがに家で飲んだりはしていなかったかな、覚えていない。

人がどういう経緯で、いつからコーヒーを飲むようになるのか考えていた。やはり最初は単体で飲むのではなく、ケーキやお菓子と一緒に飲むようになるのだろう。子供の頃は甘いパンと甘い飲み物を合わせることにも抵抗がなかったが、いつからか苦いものと甘いものを合わせることを覚えた(中学生の頃に、塾の先生に言われたことを覚えいている)。そのうちコーヒー単体でも飲むようになった。多くの人は、受験勉強を始める頃から眠気覚ましにブラックも飲むようになるのかもしれない。僕は中学受験をしたから、小学生の頃から飲んでいた?覚えていない。

缶コーヒーやインスタントコーヒーではなく、ドリップコーヒーを飲むようになったのは、社会人になってからかもしれない。スターバックスのようなところも、大学生の頃はあまり行かなかった(高くて)。喫茶店、カフェに行くようになったのは、就活ぐらいからかもしれない。選考の合間に昼食を摂ったり、書類をまとめたりノートを書いたりする場所として使っていた。その流れは会社員になってからも続いた。ドリップコーヒーを最も多く飲んでいたのは、会社員の頃だった。缶コーヒーや砂糖ミルクを入れたコーヒーは飲まなくなった。

会社員の頃は、一日何杯も飲んでいた。それこそ眠気覚ましという体だった。朝ごはんはウィダーインゼリーかレッドブルだった。カフェインに浸かりすぎて、もはや効果がなかった。飲まない期間を空けると、またカフェインに弱くなりCoffee jitters が出てくる。お酒も長く飲んでいない期間が続くとすぐ酔うようになるから、そういう体質なんだと思う。

最近は、多くても2杯しか飲まない。朝イチと、昼に飲むか飲まないか。外で飲むことはあまりなく、ほとんどは家と職場。出かけたときは外で飲むこともある。フラペチーノを除けば、だいたいブラックで飲む。コーヒーを初めて飲んだときは、きっとなんでこんな味のものを飲むんだろうと思っていた。嗜好品は、ビールとかタバコもそうだけど、口に含んだときの味が美味しいというものではない。舌で味わうものではないんだと思う。

最近飲んでいるコーヒーは、ネットの生豆屋で5kg買って、一週間おきに鍋で煎って、コーヒーメーカーで淹れて飲んでいる。一度に200g煎ることを覚え、だいたい30分で400g煎れる。抽出は、前はサイフォンとか使っていたけれど、これまで2回割ってしまった。やはり僕は陶器とかガラス製品とかワレモノの扱いにストレスを感じる方で、ボタンを押すだけのコーヒーメーカーか、金属のマキネッタで飲んでいる。ハンドドリップはめんどくさいからやらない。

世界で最も富裕層が多い都市、京都が27位

世界で最も富裕層が多い都市ランキングのニュース記事を見た。

世界で最も富裕層が多い都市、ニューヨークが再び首位-東京2位 - Bloomberg

1位がニューヨークで2位が東京、3位はサンフランシスコ、4位がロンドンと続く。だいたいトップ10のことしか書いてなかったが、元のデータを辿ると27位に京都が入っていた。日本でランクインしているのは東京、大阪、京都のみ。なぜ京都?横浜でも名古屋でもなく京都なのか?

ランキングの基準は「100万ドル(約1億3000万円)以上の投資可能な資産を有する富裕層の人口が最も多い都市」ということで、京都には4万400人の億万長者がいるらしい。そして100億長者は26人、1000億長者(ビリオネア)は2人という数字が出ている。4万人となるとぼんやりしているけれど、26人とか2人とかになるとやけに生々しい。具体的な数字だ。

京都でトップ2の金持ちといったら誰なんだろう?一人は日本電産の永守重信かもしれない。Forbesの長者番付では資産5950億円となっている。だとしたら、もう一人は誰だろう?京セラの稲盛和夫は昨年亡くなったが、2017年のForbesによると840億円で、1000億は行かない。京都で稲盛和夫以上の資産家って、他に誰なんだろう。

ネタバレについて厳しい

お題「皆さんのネタバレNG基準はどこですか?」

自分はけっこうネタバレしていくスタイルだけど、自分が聞きたくないネタバレも積極的に避けていくほうだ。ネタバレの苦い思い出は、今でも記憶に残っているのが『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』で、新潮社文庫の下巻だったかな、はい今からネタバレをします。さて、新潮文庫の裏表紙には、本の紹介文が載っている。下巻のそこには「意外な結末」と書かれていた。『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』は、世界の終わり編で主人公が壁の中の街から逃げ出さないと世界が終わってしまうという話で、追っ手に追われ必死に逃げ出そうとする。最後川に飛び込んで渦から壁の向こうに逃げてしまえばゴールっていうところに来て、主人公は「やっぱりこの街に残る」と言って物語が終わる。世界も終わる。そういう結末だった。これ、本の裏表紙に「意外な結末」って書いてあったらそれだけでもうネタバレやん!!最後絶対飛び込まへんやん!!オチ言うてもうてるやん!!わかってしまうやん!!読む前に全部わかってしまうやん!!

っていうぐらいネタバレに厳しい。しかし人にはズケズケとネタバレをしていく。歩く災厄のようだ。

ちなみに、本当に見たい映画は予告編も見ない。おかげでときどき失敗する。

ヒトコトへの回答㊻:カメラ持ち歩き

このブログではGoogleフォームからご意見などを頂いております。それをときどき拾って回答してたりします。

96通目:カメラ持ち歩き

カメラっていつも持ち歩きますか? 今日カメラ持っていこうかな〜と出かけるたびに一瞬悩むのを辞めたいです。

カメラは全然持ち歩かない。重いし邪魔だし、持っていても撮らないことが多い。すぐ撮れるようにしておかないと、持っていても撮れない。写真を撮る機会はあまりない。昔ほど撮らなくなったというのもある。

出かける際にカメラ持っていくか悩むときは、どっちでもいいんじゃないか。今日は撮ると決めていたら迷わない。迷うならどっちでもいい。例えば旅行にカメラ持っていくかなんて、迷うことない。出かけてから「カメラ持ってくればよかった」って一瞬思うことがあっても、撮る気で待ち構えていないと、持っていてもどうせ撮れない。撮る気があるなら、持っていくかどうか迷うこともない。

これまでのヒトコト、回答をまとめました。

自宅BBQが戦犯扱いされている

これを読んで、自宅BBQが忌み嫌われていることを知った。何を隠そう、ゴールデンウィークには自宅BBQに参加していた。この匿名ダイアリーを読んだのはその直後で、うーんそうなのか、と直前まで自分が参加していたことを思うと複雑だった。ただ僕が参加していたのは、自宅と言っても特殊な場所だった。これまでに何度もバーベキューをやっているみたいで、周囲からも文句は言われてないのだろう。

最中も若干声のデカさなどを心配していたが、問題なかったのだろう。まあきっとそういうことのために用途地域があって、第一種低層住居専用地域なんかだったらクレームになっていてもおかしくない。その宅は全然そういう場所ではなかった。第一種低層住居専用地域でも、土地がだだっ広くて隣家から思いっきり離れていたら、バーベキューぐらいやっても迷惑かけないのかもしれない。もしくは近隣住民に参加してもらうか。うちではやれないな、と思った(そんなスペースもない)。

カナダに住んでいたとき、隣家は隣り合わせだったけどバックヤードでバーベキューしていても、誰にも何も言われなかった。あまり窓を開けないとか(基本網戸がない)、屋外で洗濯物を干さないとかそういう生活習慣の違いもあるのかもしれない。もしくは北米のバーベキューはハンバーガーが基本で、タレを使わないからニオイがそんなにしないとか。

今週のお題「何して遊ぶ?」

ヒトコトへの回答㊺:未来志向

このブログではGoogleフォームからご意見などを頂いております。それをときどき拾って回答してたりします。

93通目:未来志向

自分の未来に関することで、5つまで答えてもらえるとしたら、何を聞きたいですか?

あー僕は未来志向ではないので、聞きたことは何もないですね。この先どうなっていようとどうでもいい。今にしか興味がない。今の自分とっては、今しか存在しない。

自分以外のことなら興味あります。未来でどういう技術が発展しているのか、とか、文化がどうなっているか、地球環境がどうなっているか、世界の未来には興味がある。例えば50年前、1973年にChatGPTなり暗号資産なりテスラのEVなどを見ていたら驚いていただろう。そういう驚きは味わいたい。1973年を調べてみると、まだベトナム戦争が終わっておらず、日本赤軍が活躍しており、第四次中東戦争でオイルショックがあった。

1973年 - Wikipedia

これまでのヒトコト、回答をまとめました。

日本の素人投資マネーが米国に流れている

最近NISAについて調べていると、国策としての「貯蓄から投資へ」で流れていってるお金の行き先が、S&P500だとかVTIだとかことごとく米国だった。オルカンの指標となるACWIも6割が米国で、(こちらは5%ほど日本も噛んでいるが)NISA絡みの投資本やネット記事を見ると、だいたいこの3つ、S&P500、VTI、ACWI連動商品が推奨銘柄とされている。実際に資金も集まっているようだ。

1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落(1/3)〈AERA〉 | AERA dot. (アエラドット)

「eMAXIS Slim 米国株S&P500」が残高2兆円を突破 - 資産運用・資産形成|QUICK Money World -

続きを読む

2023.5.1

去年アトロクで特集が組まれていたドキュメンタリー番組『オール・オア・ナッシング』の続きが気になって、ときどきアーセナルの今年の成績を見ている。イギリスのサッカー・プレミアリーグ、ミケル・アルテタ率いるアーセナルの2021年のシーズンを追いかけたドキュメンタリーで、サッカーに興味がない僕にも楽しめた。

番組はリーグ閉幕までを追いかけ、その後2022年のプレミアリーグで、アーセナルは年間を通してトップを独走している。ドキュメンタリーの続編も作ってほしい。まず間違いなく続編はないと思う。

プレミアリーグ 順位表 | Goal.com

古いMacを売るために、データを消去していたが2015年のiMacで動作が重い。ディスクユーティリティからやっと消去できて、続きは明日やろうと思って電源を切った。次の日の朝、電源ボタンを押しても起動しない。データを消去したんだからOSは起動しないんだけど、ディスクユーティリティも起動しない。それどころか電源ボタンを押してもすんっという感じで、通電している気がしない。なぜなのだ。どうしよう。

「街とその不確かな壁」ネタバレ有りの感想・書評

2023年4月13日に出た、村上春樹の新刊です。これまで村上春樹の新刊を、リアルタイムで読んだことはなかった。初めて同時代の波に乗っかる。ただ今回は、前回『騎士団長殺し』や前々回『1Q84』の時ように大々的に騒がれていない。一冊だけど650ページ超えで、長編のはずなのに。世間はもう村上春樹に飽きたのか。ノーベル賞も獲れなさそうだしね。

そもそも騒がれだしたのが、『海辺のカフカ』でノーベル賞の前哨戦と言われるフランツ・カフカ賞を獲ったあたりからだった。「大江健三郎以来か」とにわかに沸き立ったがその後何度も逃し、「どうやら見込みがなさそうだ」というところで落ち着いたのかもしれない。

  • なぜ村上春樹作品を読むか
  • ネタバレ有りのあらすじと感想
  • 読書メモ
    • 第一部
    • 第二部
    • 第三部
続きを読む