ときどきふとスイッチが切れそうになる

平然と日常を過ごしている。朝起き、業務をこなし、食事をとって、人と会話をし、また就寝する。こういう当たり前の生活が、実は自分にとって非日常で、常にスイッチオンの状態を維持している。だから気が休まらない。気が狂っているように感じる。寒気がするし、嘔吐しそうだ。旅行中もそのように感じることがある。荷物を持って移動し、ドミトリーに泊まり、慣れない言葉をつかい、そんなときにもう疲れた、何もかもどうでもよくなってしまうと、部屋から一歩も出なくなったり、ベッドから起き上がれなくなる。スイッチがオフの状態になる。旅行中にそれがくるともったいないし、破滅しかねないから冷静に対処するようにしている。1日しっかりオフにして、なるべく早くオンにするようにしたり。

今もときどきふとスイッチが切れそうになる。何もかも放り出したくなる。全てが恐ろしく感じる。何事にも干渉されたくない。誰とも関わりたくない。暗い場所に閉じこもって目を覚ましたくない。自分はここで何やってるんだろう。休日がもっと欲しい。週休4日は欲しい。休みの日に何をするかというと、自主的に電源を切る。週2日ぐらいは外界を遮断して暮らしたい。残り2日を本読んだり映画を見たり外に出たりして自由に使いたい。実際にそういうことはできないから、なるべく意識しないようにしている。認識してしまうと嫌気に飲み込まれそうで、気づかないふりをしてだましだまし過ごしている。

平気なようで、平気でない。現状を管理できるかというと、できるような気もするし、気を抜けば流れ去ってしまいそうにも思う。多分まじめに受け止め過ぎなのだろう。取り組むのも、気を抜くのも、もっと気軽に行き来できたらいい。ただやはり絶対的に余暇の時間が足りない。僅かな時間で気を休める手段を確立したい。最近は睡眠時間が伸びてしまい、そこで解消できているのか、とにかく時間を使っている。もっと短時間で効果的に。今までどうやってたんだろうと思ったら、酒を飲んでいた。酒を断っているせいか!

冒険物語が好きだ

今に始まったことではないが、マンガ『スプリガン』を読み返していて「そうだよこれだよ俺が好きなやつは…」と改めて実感した。中でも御神苗優の父親である御神苗隆が冒険家として登場し、アメリカインディアンに混ざって儀式を守ったりしているのは理想的な姿だ。スプリガンを初めて読んだのは、確か映画化された頃だった。映画版は微妙だったが、パレンケの仮面、ノアの箱舟、水晶のドクロ、賢者の石、アンブロディアの種などオーパーツであったり考古学の話がたくさん出てくる本作は冒険心を燃えたぎらせる。

内容は世界中に散らばる超古代文明の遺跡やオーパーツを発掘し管理するアーカムという会社の物語。そこでスプリガンとして働く高校生の御神苗優が主人公。少年サンデーで連載していたから、オリハルコンを練り込んだ人工筋肉のアーマードマッスルスーツや獣人化するライカンスロープといった少年マンガ要素を交えつつ、軍事や歴史の話が繰り広げられ、少年がちょっと背伸びできる構成になっている。

冒険物語と言えば、みんな大好き『マスターキートン』が外せない。大人向けのスプリガンと言えるんじゃないだろうか。主人公、平賀キートン太一は考古学者として身を立てるべく大学の非常勤講師をやりながら、副業のロイズ保険組合調査員として世界各地を飛び回る。考古学の話ばかりではなく、探偵のような話や現代史の内容もたくさん出てくる。まさに歴史ヲタのためのマンガと言えるんじゃないだろうか。こんなふうに世界を飛び回りたいと誰もが思ったことだろう。

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

他に冒険物語として思いつくのが、リアル辺境作家の高野秀行、共通しているのは未知や神秘を追い求めているところだろう。こちらはノンフィクション。

映画はインディージョーンズなどが典型的だが、ちょっとファンタジー要素が強すぎるようにも思うし、いつもオチがあまり好きじゃない。他に未知や神秘を探求する冒険物語があったら教えてください。僕が旅行に惹かれたり、RPGを楽しく感じるのは同じ理由からだと思う。

足の爪伸びた

昨日作業療法士の人に理学療法士と何が違うのか聞いたら、見る部分が違うと言われた。大まかに見るか、細かく見るか、でも大体同じだそうだ。そして右肩が巻き込んでいるとか、左肩が下がっているとか、骨盤の歪みや筋肉のアンバランスを一瞬で見抜かれた。左脚に比べ右脚が細いとか。僕の利き足は左で、利き手も左だったが幼い頃に右に矯正した。効き目も左。O脚の原因は脚の内側の筋肉が弱っているからで、内ももを鍛えれば治るとか。あと、ランニング足袋を履いたときに右のつま先だけ地面にぶつける問題は、足の指を持ち上げる筋肉が十分に働いていないからだとか。実にプロフェッショナルな視点でいろいろ指摘をいただき、感服した。彼女はなぜこれを勉強しようと、この道に進もうと思ったのだろう。リハビリが主な仕事だと言っていてたが、トレーナーなどいろんな方向に応用できる。そして筋肉と肉体の動きが美しかった。肉体について描写したり、体を使うにあたって筋肉や骨格の知識があると役に立つことを実感した。それはそうと指導を受けてストレッチをしている最中ずっと足の爪が長いことが気になっていたから足の爪を切ろう。

トラベラーズノートのページがなくなりそうだと思ったら、リフィルを持ってきていないことに気づいた。買うのか、わざわざ、Amazonとかで?でもそうしないと使いもんにならない。店で買うとしたらダイソーか、無印、もしくはセブンイレブンだけど、いずれも近くにはない。やっぱ純正を買うか。

トラベラーズノート リフィル 横罫 MD用紙 2冊パック パスポートサイズ 14368006

トラベラーズノート リフィル 横罫 MD用紙 2冊パック パスポートサイズ 14368006

おとつい土曜日、久しぶりにビールを飲んだ。ここ数年、日本に帰ってきてからの飲酒はけっこうな確率で記憶をなくす。土曜日も同じだった。全然覚えていない。自分はいつものように写真ばかり撮っていて、帰ってから現像していたら見覚えのない写真ばかりだった。後日飲む場にいた人と話したら、どうやらいろいろ喋っていたみたいだったが全く覚えてない。自分の知らないところで、知らない人と会話をしている自分を認識するのにも、もう慣れてきた。

f:id:kkzy9:20180716185133j:plain

ベトナム戦争の記録、ラジオ、タイムマネジメント

日記です。特に書くことないんだけど、今東北にいます。水害は、地元で川の増水画像が延々アップロードされていた程度で被害という被害はなかったみたい。あった場所はお気の毒にとしか言えない。大阪の地震被害も含め、早く元に戻ればいいなーと思います。今は規則正しい生活を送り、酒も週に一回しか飲んでいません。ネットもあまり見ておらず、外界で起こっている出来事を追えていない。かと言って私生活が進んでいるのかというとそんなこともなく、ただ漫然と日々を過ごしている。エンタメさえ消費しておらず、映画は見ていないし本も読んでいない。強いて言えばベトナム戦争のドキュメンタリーをやや見ているぐらいか。だからまあ、やっぱり書くことないなあに尽きる。

  • 「ベトナム戦争の記録」を見ている
  • ラジオの時間がほしい
  • もっと寝たい
  • タイムマネジメント?
続きを読む

Netflixに追加された作品で見たいやつ

気のせいか、最近やたらと番組が追加されている気がする。特に近年見逃した映画がNetflixで見れるようになるのはありがたい。まだ見てないやつから見たやつまで紹介していこう。

  • サウルの息子
  • 夜明け告げるルーのうた
  • ダンケルク
  • 聲の形
  • バキ 死刑囚編
  • クィア・アイ シーズン2
  • クリス・ホンドロス: それでも最前線に立つ
  • ベトナム戦争の記録
  • シティ・オブ・ゴッド: 10年後
  • クッキング・ハイ
続きを読む

2018年6月のふりかえり

月間まとめです。ほったらかしていたら3日になってしまった。6月の更新は11回という、4月、5月に引き続き減少傾向にあり、しかも写真回1回を含む。6月は何してたんだろーっていうと、4月同様2週間ほど忙しかった。忙しいと更新しなくなるなんて典型的ですね。東京にいたんで、旧友とたくさん会っていた。オーストラリアで知り合った人、京都で知り合った人、小中の同級生、大学のゼミ生などなど。あとは買い物をたくさんしていた。

続きを読む

女性の顔に何を見るか

「男性の方が女性を外見で判断することが多く、女性は相手の中身で判断する」とよく言われる。実際どうなのか知らないが、男女にかかわらず誰しも好意を寄せる顔面のボーダーラインというのが存在するだろう。他人のデータはないんで、今回も僕自身の事を話す。僕は女性の外見で何を判断するか。

僕の場合、相手の歪んだ顔にそそられるかどうかだった。歪んだ顔とは、笑顔だったり苦悶の表情だったり、つまりは表情だ。歪んだ顔を見たいと思う対象にそそられる。これはもう端的に言ってしまうとセックスのときの顔になる。顔を見る。電気とか消してはいけない。

たとえ美人であっても、表情を見たいと思わないタイプであればそそられない。巷の男性であればAVなど見慣れていると思うが、美人でもそそられない例を数多く見てきたんじゃないだろうか。逆もまた然り。決して美人に類する顔ではないにしても、表情にそそられる例を見てきたと思う。

単に表情が豊かだとかそういう話ではない。僕の場合はわざとらしさを見かけると一気に冷めてしまう。僕自身も演技ができない人間だ。だから、表情が如何に自然に変化するかどうかを見がち。あとは一見するだけではわからない情感の深みとかだろうか。そういうのを総合的に読み取ろうとする。

こういう話はもちろん、付き合うとか結婚するとかとは全然別になる。顔が好きだと言われたらセックスパートナーとしか見られていないと思っていい。でも顔が好きじゃないと言われたって、そういう対象に見られないとは限らない。失礼な話だが、顔を見なければいいだけ。これは男女かかわらず同じではないだろうか。顔が好きだからってずっと顔ばかり見ているわけじゃない。ちら見する程度。僕自身はあまりに無表情で怖いと言われたことがあった。

そういわけで、顔で人を判断するときには、一体何を判断するのかという割と最悪な話でした。僕の場合は表情の変化を見たいかどうか。トランプが選挙戦を争っていたとき「ヒラリーでは抜けない」という名言が飛び出した。

「そういうトコだぞ〜」はヤメロ

このフレーズ、木村祐一がよく使ってた気がする。ライムスター宇多丸もよく使っており、ネット上でも散見する。ネタ的に使われているこの「そういうトコだぞ〜」がすごく嫌いです。聞いただけで腹が立つ。使うのは自由ですが、可能であれば使わないでほしい。今日は「そういうトコだぞ〜」のムカつきポイントを解説します。

  • 「そういうトコ」って「どういうトコ?」
  • 自分で考えさせて気づかせる?性格悪い!
  • 被害者ヅラが気に食わねえ
続きを読む

hagexの死から思うこと

ブロガーhagexが殺された。オフイベントのようなところで刺されたようだ。正直なところブログは全然読んだことがなく、名前を知っている程度でどんな人だったか、今回の事件がどんな経緯だったのかは詳しく知らない。検索すればたくさん出てくると思うので、興味がある方は調べてみてください。

続きを読む

プレゼン上手い人が信用できない

休みだ。疲れた。体力がないの三拍子。地震なんかもあったが一週間ぶりにぼーっとしている。そんなわけで、サボっていた日記を書こうと思う。何書こうか。最近やっていたことは、プレゼンの講習に通っていた。プレゼンうまくなりたいとかではなく、必要があって通わさせられた。そこで改めて気づいたのは、僕はプレゼン上手い人が苦手だということ。

プレゼンとか、言うなれば雰囲気芸人である。以前に池上彰の解説について触れたことがあった。彼は難しいことを噛み砕いて、誰にでもわかりやすく解説することで有名だ。しかし僕は彼の話している内容を聞いて、そこにある「抜け」がどうしても気になる。

  • 池上彰が嫌いなわけじゃありません
  • プレゼン技術は見世物
  • 上辺を見るか、中身を見るか
続きを読む

やっとこの領域に…ワイヤレスイヤフォンを買った

東京に来ています。雨です。これを書いている今は昼の2時だけど、空が暗くて夕方のようだ。ここ数日は人と会い、外食を繰り返してきた。今日がようやく休みで、もう少し健康的なものを食べよう。もってきた服を洗濯しないといけない。

さて、最近までずっとiPodで音楽やPodcastを聞いていた。僕が使っていたのはiPod nano、2008年に買ったもので10年ものだ。最初は付属のイヤフォンで聞いていたが、2015年からカナダで買ったURBANEARSのヘッドフォンで聞いていた。PLATTANという商品。色のバリエーションが豊富であり、値段の割に音質の評価もよく、どこへ行くにも愛用していた。

これのイヤーパッドがボロボロになり、イヤーパッド単体で買い換えようと思ったら、自分の持っている色の在庫がなくなっていた。この際だから別のものに買い換えようと思った。来年からは買い物もろくにできない環境に移動する予定だから。

  • ワイヤレスを比較検討
  • 購入、STADION
  • Spotify、Podcast、ラジオクラウド
  • モバイルバッテリが必須
続きを読む