自分がない人

ときどき「川添さんは自分を持っているから〜」などと言われることがあって、自分を持っているってなんだ?と思う。いわゆる「自分を持っている」という言葉の意味として、自分の意見があるとか、自分の主義主張があるとか、自分なりのやり方があるとかそういうことなのは理解できる。「他人の意見に流されない人」とかそういう意味で言っているのだろう。

「自分の信念を持って行動する人」って言い方をするとなんか持ち上げられているような気もするが、「融通の効かない人」とか「人の意見を聞かない人」といったとらえ方もある。自分を持っていることが、一概に良いことだとは言えない。

じゃあ「自分を持っていない人」とはどんな人なのか。自分を持っていないとは、人の意見に流されやすく、自分の意見が乏しい人、ということになる。もしくは自分の意見があったとしても、裏付けに乏しく、コロコロ変わる人とか。確固たる思想体系がなく、首尾一貫していない人が、自分を持っていない人にあたるのかもしれない。良く言えば臨機応変。こだわらない人ってことになるのか。

僕自身はこだわらない人間であろうと努力しているつもりなんだけど、それが既にこだわっていることになるのかな。臨機応変は確かに苦手だ。柔軟性もなく、頭は固い。でも自分では影響受けやすい人間だと思っている。影響を受ける分野や方向性が限られているのかな。だったらやはり融通が効かないのか。

知り合いの「いいねいいねそれ採用」とよく言ってる人は、同時にこだわりも強い人であるように見えて、臨機応変かつ自分を持っていると言える。真逆のことを採用したりはしていないってことなのかな。意見を変えつつも、根拠がしっかりしていれば「自分がある」と言えるのかもしれない。

僕が個人的に思う、「自分を持っていない人」とは、自分が何を良しとするか、何が好きで嫌いなのか、自分はどうしたいのか、しっかり把握できていない人のことだと思う。自分のことは自分でわかっているはずなんだけど、整理が行き届いていないから、ときどき自分とは違う意見を取り込んだり、迎合したりすることもある。

自分の意志や好みがあるにはあるんだけど、それをクリアにしてこなかった、つまり、自分に向き合ってこなかったことが、「自分がない」と評価を受ける理由なのだろう。

そういう話を奥さんにしていたら「自分に向き合えない人も多い」という答えが返ってきた。「自分に向き合わないことで自我を保っている」という意味だそうだ。例えば、自己矛盾に向き合ったり、なぜ自分がそうなっているのか核心に触れてしまうと深く傷つくから、防衛的にあえて自分に向き合わないようにしているとか。

「自分がない」とは、言い換えれば「他人がある」ということだ。自分よりも他人を優先して、他人のために尽くせるんだったら、それは素晴らしいことなんじゃないか。

「自分って何だ」というよりは「自分はどう思うのか」なのだろう。子供の頃、先生や大人に怒られたときによく「自分はどう思うの?」と聞かれた。例えば、誰かとケンカして泣かせてしまったときとか、悪いことをしたときに反省の色を伺うために「君は今どう思っているのか?」というような質問をされる。

ここで正直に「うるせえなと思う」などと答えると、反省の色なしと判断されて余計に怒られてしまう。でもここで本当に「自分はどう思うのか」を答えられる人は「自分がある」人だ。もしくは、めんどくさいから反省しているフリをして「悪いと思っている」と答える人もちゃんと自分がある。本当に悪いと思っている人は、そもそも「君は今どう思っているのか?」なんて聞かれない。既に反省の色が出ているからだ。

じゃあ自分がない人はどう答えるのか。もちろん「悪いと思っている」と答える。同じ「悪いと思っている」と答えた、「めんどくさいから反省しているフリをしている人」とは何が違うのか。それは、動機が違う。反省しているフリをしている人は、「めんどくさい」が動機だ。しかし、自分がない人が「悪いと思っている」と答える動機とはなんなのか。それは、訊ねた人へのご機嫌取りである。「他人がある」のだ。自分の意志よりも、他人のご機嫌が尊重され、選択され、採用されるから、結果的に「自分がない」人になる。

では彼らがなぜそんな選択をするのか。それは他人に気に入られたいからだろう。「自分」よりも「他人」に気に入られたいため、「自分」よりも「他人」の意見を優先する。結果、「自分」は「他人の意見」によって塗り固められた存在になり、「自分の意見」がないがしろにされる。なぜそんなに他人に気に入られたいのか、その他人とは一体誰なのかは知らない。

僕が「自分を持っている」などと言われるのは、人の評価に疎いからなのだろう。「自分がない」と言われる人は、いろんな人から好かれやすいんじゃないかな。

結局成人式は昨日だったのか今日だったのか

朝から何度も振り袖の人を見かけた。昨日も見かけた。そういえば、成人の日は15日じゃなくなったんだっけ。成人式自体は昨日行われたのか、今日行われたのか、どっちなんだ。どっちでもいいけれど郵便局に用事があって、今日行こうと思ったらやってない。近くの郵便局は土日が空いてないから、月曜日に行く予定にしていたのに、わけもわからず月曜日に祝日持ってこられて毎回月曜日も休みになってしまい予定が狂うからめっちゃ困る。こういう無駄な三連休とかなくして、早く1ヶ月単位のバケーションを導入してください。みんなが一斉に休むのは土日と正月だけでいい。

しかたなく、土日祝もやっているちょっと遠くのでっかい郵便局まで行った。みんな僕と同じような事を考えていたのか、窓口は3つも空いているというのに行列ができていた。

他の郵便局が閉まっているから、ここに殺到しているのだろう。行列が少しずつ前に進んでいくと、窓口の一つがいつまで経っても入れ替わっていないことに気づいた。外国人がでっかいダンボールを持ってきており、郵便局員と意思疎通ができていない。どうやらタイ人のようで、自国に荷物を送ろうとしているが、局員はリチウムイオンバッテリーが送れないとかどうとかずっと言っている。

自分の番まで窓口が回ってきて、受付はあっという間に済んだが隣のタイ人はいまだに手続きが進んでいない。あまりに見かねて「手伝いましょうか」と間に入っていった。ここでタイ人が英語話者じゃなければ僕だって何もできないんだけど、さいわい英語を話す人で助かった。タイ人は自国へ荷物を送るための伝票を持ってきていたが、何をどう書いていいのかわからなかったようで全然埋まっていなかった。

必要な箇所を一つ一つ説明して、項目を埋めてもらった。航空便なのか、SALなのか、船便なのか、それぞれ料金はいくらなのか、どれぐらいで向こうに着くのか、荷物の中身はなんなのか、価格はいくらなのか、そんなやりとりをしては伝票を埋めてもらっていた。送るものはiMacで、リチウムイオンバッテリーなど入っていなかった。手続きはものの数分で終わった。郵便局員からはなんかお礼の品をもらい、タイ人からもお礼の言葉をもらった。

なんでこんな間に入ったかというと、カナダにいた頃に郵便関連で、カナダ人に助けられたことがあったからだった。当時日本から僕宛に送ってもらった荷物が、誤配されてしまった。カナダポストに電話するが、英語でなんて言っていいかわからず、英語で電話のやりとりも難しかったため、カナダ人の友人に内容を説明して、代わりに電話してくれないかと頼んだことがあった。彼女はすんなり了承してくれた。他にも外国で現地の人に助けられた経験は数え切れないほどある。

それら全て、そういった手助けは、一方的に受け取っているだけではよろしくない。僕が受け取ったなら、リレーのように繋いでいかないと途切れてしまう。僕はバトンを渡しただけ。今まで受け取ったいくつものバトンの一つを、今日の彼に一つ渡したに過ぎない。

ヒトコトへの回答⑮

このブログではGoogleフォームからご意見などを頂いております。スマートフォンでページを一番下までスクロールしてもらえば出てくるアレです。それをときどき拾って回答してたりします。ブログ自体を放置気味なのでアレですが、最近メッセージが一通来たので載せておきます。

  • 55通目:掲載不可
  • 56通目:何をや
  • 57通目:どれを読んで送ってくれたのだろう?
  • ひとことどうぞ
続きを読む

日本在住のオランダ人、クラベ・エスラさんの半生がすごい

最近ラジオでクラベ・エスラさんの存在を知った。RHYMESTER宇多丸のアフター6ジャンクション(通称:アトロク)で、シェンムー特集にゲストとして出演されていた。

ラジオを聴いていると、あまりの流暢な日本語。はじめ日本人だとばかり思っていた。クラベさんは来日されてから、なんと16年経っているとか。どおりで日本語が上手いはずだ。待てよ、16年ってことは、いったい今何歳なんだ。

クラベさんは今32歳だと言う。32歳で16年前ということは、わずか15歳前後で来日しているということになる。まあ、家庭の事情とかいろいろあるよな。などと思っていたら、

「シェンムーが好きすぎて単身15歳で来日した」

なんじゃそれ。どんな中学生だ。しかもそれから16年日本に住んでいるとか。シェンムーはドリームキャストで発売された一つのゲームだ。一つのゲームが一人の人生を変えてしまった、とでも言うのだろうか。いや、言ってる。ラジオでシェンムーについて熱く語っている。

  • クラベ・エスラさんとはどんな人なのか?
  • クラベさんの半生
  • シェンムー以降
  • ゲームライターになるまで
続きを読む

そろそろ「今年買ってよかったもの」系エントリー2019

今年は去年よりもさらに買い物していない。去年は原資があったが、今年は自転車操業のため買い物する余裕がない。本も全然読めていないぐらい。映画はそこそこ。

そういうわけで、年末商戦を前にして全く参考にならない、毎年地味な今年買ってよかったもの系エントリーです。

  • ミニマル財布
  • Tevaサンダル
  • newera アドベンチャーハット
  • Technicsレコードプレーヤー
  • シェンムー1,2
続きを読む

シェンムー1,2をクリアして雑感

発売から18年越しにシェンムー1と2を買ってプレイし、昨日2をクリアした。DC版です。PS4版が去年出ているので、PS4持っている人ならそっちでやったほうがいろいろと楽。ロード時間とか。

それで、次にやるゲームがないから今2周目をやろうかと検討しているところ。シェンムーをやることになったきっかけは既に書いているが、アトロクのシェンムー特集を聴いたからだった。

  • シェンムー3について
  • 1,2を終えたばかりの感想
  • 桂林行きたい
  • シェンムー2に登場する都合のいい女
  • 男性、およびジジイキャラについて
  • やり残したこと
続きを読む

シェンムー日記

最近ずっとシェンムーをやっている。と言っても、最近出たシェンムー3ではなく、ドリームキャスト版の1と2だ。アトロクのシェンムー特集をきっかけに眠っていたドリームキャストを引っ張り出し、中古のシェンムーを買うに至った。現在は2のDisc2でビバリーヒルズワーフをウロウロしている。前回も一部書いたが今回はまるまるシェンムー日記。

  • どうでもいいキャラがブサイクすぎる
  • おつかいゲーム
  • QTEむずすぎ
  • バイクレース
  • 少年マンガ+香港映画
  • カンフーの達人は総じてかっこいい
  • 2の女性キャラ都合良すぎる
  • ボブズピザの音楽が頭から離れない
続きを読む

シェンムーを買った

まだ届いていない。ドリームキャスト版の中古をメルカリで、1と2合わせて1,500円。去年新しく出たPS4版は、新品が3千円ぐらいで売ってる。

そう、購入したのはシェンムー3ではない。今月11月19日、シェンムー3が1,2の続編として18年ぶりに発売された。製作にあたり、アメリカのクラウドファンディングKickstarterで支援を募ったところ一瞬で達成。ゲーム部門の記録を塗り替え、ギネスにも登録されたそうだ。海外のファンには年収の1/3をクラウドファンディングに出資した人や、家を買うことをあきらめてその額をシェンムーに出資した人もいるらしい。

それから4年、満を持してシェンムー3が発売された。シェンムーファンは今大いに盛り上がっている。

シェンムーは僕が中学生の頃に発売された。当時テレビCMが繰り返しやっていたのを覚えている。僕はドリームキャストを持っていなかったし、周りでプレイしている人の話も聞いたことなかった。だから、シェンムーに注目したのは今が初めてだ。

ラジオではシェンムー好きのDJ RAM RIDERと、シェンムーが好きすぎて15歳で日本に来た、オランダ人のゲームライター、クラベ・エスラ氏が、シェンムーを初めて知る人にもわかりやすく、全てを肯定して熱く語っている。

これを全部聞いてもいまだに「どんなゲームなんだろう?」という思いが強い。ちまたではどうやらクソゲー扱いされているようだ。シェンムー1,2にはまって、3を買うことになるだろうか?今だとプレイ動画もあるから、どんなゲームかを知るには実況を見るのが手っ取り早い。

ウェブ日記の話、ゲームとか

普段ウェブ日記に書いていたようなこと、最近は奥さんに話して満足してしまっているからもはや何も書けない。ウェブ日記を書けないことによって何が困るか。アーカイブが残らない問題がある。僕がウェブ日記を書く理由は、いついつに自分が何を思い考えていたか、記録しておくためだった。なぜ記録するのか。

記録はいわば、セーブ機能に近い。RPGをやったことがある人ならわかると思うセーブ機能。セーブしておくと、続きからゲームを遊べる。思考を記録しておくことで、またその続きから考えることができ、前に進むことができるのだ。そしてまた一歩ゴールに近づく。これがセーブしていないとなると、また一からやり直しだ。だからウェブ日記のような形で思考のアーカイブを残すことは、内容がなんであれ僕にとって重要な行為であった。それを最近は怠っている。

あとから見返すために書く。ウェブ日記なんかではなく、手帳に書く人だっている。日記帳に書く人もいるだろう。僕がウェブ上に書くのは、単に便利だから。検索とかできる。

マリオカートのアプリ

9月下旬からずっとマリオカートツアーをやっている。

レースゲームが不得意で、マリオカートツアーにいたってもタイムアタックは必ずと言っていいほど☆2つしかとれない。しかし、それでもこのゲームは続いている。2ヶ月近く続いている。マリオカートツアーは、レースゲームが下手でも運次第でなんとかなる。

全く無課金でやっている。課金要素としては、ガチャを回すためのルビーを買う他に、ゴールドパスというものがある。月500円だったかな。ゴールドパスを持っていると毎回ボーナスアイテムが余分にもらえたり、ゴールドパス所持者用の特典があったり、ゴールドパス所持者だけに開放された200ccのコースをプレイできる。

ゴールドパスは、テーマパークとかにおけるファストパスに近い。金持ち優遇制度だ。この課金方式はうまいことやったなーと思った。遊べる要素が格段に増え、毎回もらえるアイテムも増えるからユーザー側からすればお得感が高い。でも課金によるチート要素は少なく、ゲームバランスが崩れることもない。

だいいち課金要素がなくても、十分に遊び続けることができる。ソシャゲって時間が経つと、なんだかんだでパラメーターアップに時間を費やすだけになったり、ガチャのためだけに生きているようになって肝心のゲーム要素を楽しく遊べなくなってくる。マリオカートツアーは今のところ、十分ゲームとして楽しく遊べている。

ユーザー同士の対戦機能が後日追加される予定なんだけど、うわさによるとゴールドパス保持者に限定されるとか。奥さんと対戦するために課金する日が来ることになるのか…!?

マリオカート ツアー

マリオカート ツアー

  • Nintendo Co., Ltd.
  • ゲーム
  • 無料

その他のゲームの話

フォートナイトというアプリはゲーム人口が世界で2億5千万人もいるそうだ。プロ集団もいて賞金額も高く、世界中で大会が催されているとか。ゲームには無料で参入できる。プラットフォームはスマートフォンのアプリ、PS4、パソコンなど様々。ちょっと遊んでみたいという気もする。

フォートナイト

フォートナイト

  • Epic Games
  • ゲーム
  • 無料

奥さんはリングフィットアドベンチャーが気になっているそうだ。遊びながら室内で運動不足を解消したいらしい。ヨドバシオンラインで取り寄せしてもらっているが、今のところ目処は立っていない。それ以前にスイッチ持っていない。僕が「先にスイッチだけ買ってドラクエ11なりポケモン剣盾なりやっていてはどうか」と提案したら、「それドラクエかポケモンやりたいだけやん」と言われた。正しい。

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

Amazonはいつも通り転売屋のカオス状態

うちには今ゲームハードがない。アプリのゲームは今でもときどきやっているが、ゲームハードはニンテンドーDSライトが最後だった。据え置き型にいたってはPS2以降手を出していない。PCゲームもMacにしてからは全然やっていない。今はもう「Macだから」とかあまり関係なくなっている。Steamもあるし、と思ったらSteamってもう下火なのか!

バチェラー3を見た

バチェラー1,2を見ておらず、なにやら3が盛り上がっているみたいで3だけ見てみた。以下ネタバレありの感想。

バチェラーという番組の印象は、テレビショッピングというか通販番組みたいだった。バチェラーが女の子と話して、デートをして、その印象だったり感想をインタビューのような形で毎回答える。それにしてもバチェラーの感想は何度も同じことばかり言ってるなー。あれだけいろんな人や同じ人の感想を何度も言わないといけないから、仕方がないとはいえ、語彙が、というよりは感情の振れ幅、機微があまりないように見えた。単純な人だったようです。

だから打てど響かない。響いたかと思えば単純な反響として返ってくる。あのバチェラーにあの結論は、僕はそんなに驚かなかった。番組台無しだなーとは思ったが。結婚を意識すると何が大事だとかバチェラーはすごく強調していたのに、結局何も関係なかった。結婚相手として適しているかどうかは無視してただタイプの女性に走っただけ。それもあの人ならやりかねないでしょう。

そんなにおかしな事だとは思わない。結婚していたわけでもないし。ましてや浮気や不倫でさえ世の中にいくらでもある。何股とかも普通にあるし、1,2のバチェラーだって別れている。そのうえで友永さんが最終回直後に乗り換えたって、そんなこともあるよなーとしか。だからこの件で何がそんなに盛り上がっているのかわからないのです。この件で盛り上がっているんだよね?バチェラー3って。

バチェラー3がひどいって話題になっていたから、何がひどいのかと思えばありふれた話だった。番組は台無しになったと思うが、みんなどこに騒ぐ要素があったのだろう。あれか、夢を見せてもらう番組であるはずのバチェラーで、現実を見せられて怒り狂った視聴者という感じか?

ミニマルな財布について.

財布はたくさんあるんだけど、そろそろミニマルな財布がほしくなってきた。普段ポーチに入れて持ち歩くには大きく感じてきた。財布とiPhoneとキーケースやらモバイルバッテリやら入れていたらぱんぱんである。モバイルバッテリはかなり小さいのを選んでおり、iPhoneもこれ以上小さくできない。買い換えるなら財布かなって。それで「薄い財布」だったり「小さい財布」をいろいろ見つくろっていたわけですよ。主にネットの記事ですけどね。

  • 小さいふ
  • mont-bell スリムワレット
  • SALLIES / Pocket Pal ミニマル ウォレット
  • 結局購入したのは…
続きを読む

最近見たあれこれ

最近読んだ本『僕らはそれに抵抗できない』

『僕らはそれに抵抗できない』を読み終えた。なかなか身も蓋もない本だった。人間が物事をおもしろいと感じる理屈だったり、ただハマるのと依存症との違い(依存症とは日常生活に支障をきたしていたり、本人がやめたいと自覚しているのにやめられない状態を指す)だったり、それ以外にも主にテクノロジーに対する依存症、ウェアラブルデバイスやスマートフォン、SNS、ゲームにまつわる行動嗜癖について書かれていた。

ビジネスの話題に限らず、デバイスを介したコミュニケーションの弊害だったり、テクノロジーは何歳から使用させるべきかといった話など、多岐にわたる。読んだら人に話したい内容がいっぱい。それにしても、行動嗜癖の症状というか影響は、日本よりアメリカのほうがよほどひどいのではないかと思わせられる。アメリカには行動嗜癖専門のリハビリ施設があるそうな。日本にもアルコール依存や薬物依存といった物質依存の療養施設はあるかもしれないが、行動嗜癖専門なんてないだろ。麻薬中毒になったり、極端な肥満になったり、我慢をしない文化だからだろうか。

そもそもなんで僕はこんな依存症の本ばかり読んでいるのか。経緯が思い出せない。

僕らはそれに抵抗できない

僕らはそれに抵抗できない

最近読んでるマンガ『自殺島』

「自殺島」を今頃読んでいる。「ホーリーランド」の人。今連載している「創世のタイガ」は原始時代にタイムスリップしてサバイバルする話だから、この人こんなマンガばかり描いてるんだな。「自殺島」は現代劇で、ライトなバトロワといった感じ。殺し合いだけじゃなくてもっと生活をしていく。マンガParkという出版社のアプリで読んでいるから、今何巻あたりなのかわからない。トンデモ設定、というか都合のいい設定がおもしろい。自殺島での生活にばかり注目されているから、もっと登場人物の過去や人格を掘り下げてほしいところ。ホーリーランドも並行して読み返している。

それはそうと、Android端末でジャンプ+が全く使い物にならなくなった。マンガ系アプリでは群を抜いていたジャンプ+なのに、10月からのコイン制改悪やAndroidで使えなくなるなど、アプリとしてはもはや終わりに差し掛かっている。残念。

最近見ている番組『バチェラー3』

バチェラー3がTwitter等でも話題だったから見始めた。まだ4回目で、何も起こっていない。めちゃくちゃ評判が悪くていつになったらその展開が起こるのか、待ちながら見ているところ。正直今のところ見どころがない。でもおそらくこれが平常運転なのだろう。どういう目線で何を見ていいのかわからない番組だ。

周りにもバチェラー好きな人が何人かいて、彼らが何を楽しみに見ているのか全く理解できない。女性よりどちらかというと男性に人気あるとか。あーいう願望全くないからわからん。女性からすれば当たり前のようなことも、男性は勉強になるという意見があるらしい。そのへんも全然興味がわかないからわからない。早くおもしろい展開に移ってくれ!

しつこく禁煙ネタ

現在禁煙4ヶ月目である。そろそろ5ヶ月目を迎えようとしている。依然としてタバコを吸う夢を見る。夢ん中で「やっちまった」と嘆いており、目が覚めると夢だったことに安堵する。中身は違うがいつも同じパターン。僕の脳は一体ニコチンを求めているのかいないのか、わからない。

3年前にタバコをやめた友人が、今でも夢に見ると言っていた。3年経っても変わらんのか…。彼女は僕と違い元ヘビースモーカーで、「タバコを吸うために生きていたようなもの」「やめてから15kg太った」と言っている。今でもタバコを吸いたいと思うけれど、タバコを吸っていた自分に戻りたくないからキッパリとやめられているらしい。今でもタバコの匂いが好きで、人が吸っていると煙を浴びにくる。自分が吸う代わりに副流煙にまみれることで至福の気分を味わうそうだ。

かと思えば昔勤めていた会社に、煙を異常に嫌う人がいた。彼は喫煙者なのにも関わらず、だ。彼曰く、「タバコを吸った後にちゃんと火を消さないやつは、トイレに行って手を洗わないやつと同じ」らしい。火が完全に消えていないタバコから漂う煙をすごく嫌っていた。意味がわからない。そんなに嫌なら吸わなければいいのに。

最近依存症に関する本を読んでおり、タバコの話題も例外なく登場する。薬物の依存症になる確率は、ヘロインが35%、コカインが22%、マリファナが8%、アルコールが4%、タバコは80%らしい。なぜこんなに数値が高いのか。理由はタバコが弱い刺激を繰り返し味わうタイプの薬物であり、脳が学習してしまって習慣化することにより、依存症として定着しやすいからだそうだ。ヘロインが1日2回なのに比べ、タバコは200回の刺激を繰り返すことになる。他に合法であること、他の薬物に比べ安価であること、他の薬物に比べ健康への被害が少ない(急激でない)ことなどが挙がっていた。(p70あたり)

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫)

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫)

それにしても、以前はお酒を飲むとタバコを吸いたくなったが、もう飲んでも平気になった。だから禁煙を続けるためにお酒を断つ必要がなくなり、平気で飲むようになった。飲む場で他の人が吸っていても平気、あげるって言われても断れるぐらい平気。

ろくでなしBLUESによると、体からタバコを完全に抜くためには、吸っていた期間と同じだけやめてから時間が経たないといけないとか。僕は20歳ぐらいから15年吸っていたから、50歳になるまで完全に抜けないことになる。ほんとかそれ。

いつでも復活していいという気持ちもある。しかしながらせっかく4ヶ月もやめていたのが、今再開したらもったいないという気持ちもあり、禁煙を続けている次第であります。喫煙に代わる何かは、いまだ見つけられていません。筋トレも習慣化すると依存症になる人いるらしいのでほどほどに。