読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングホリデーでトロントに行く人が見るサイト

ワーキングホリデー

トロントを離れて半年が経つ。今でも時々現地の人とメッセンジャーで会話したりfacebookで交流したりして懐かしい。トロントの事を書くのは最後になるかもしれないということで、もう使わなくなったブックマークを整理がてらに残しておこうと思う。ここで紹介するサイトは当時便利だったものでしかなく、時間が経てばそれらも有用ではなくなってくるだろうけど「そういえばこんなページ見ていたな」と思って当時を懐かしむかもしれない。トロントに直接関わるものばかりではなく、ワーキングホリデーでカナダに行く人全般が見るようなサイトも含まれております。

スポンサードリンク  

日本人のワーホリ向けカナダ情報サイトと言えばここしかない。部屋探し、職探し、いらなくなった物を売買したり情報交換したり友達を探したりなんでもかんでもeメープル。ただし掲示板ユーザーの質は悪い。サイトデザインが古すぎるのも残念なところ。それでも英語が得意でない日本人は、eメープル無しでカナダ滞在は考えられない。

ナンバー2がこのビッツラウンジ。正直なところあまり利用していない。僕は部屋探しに利用した程度で、カナダでの旅行情報やイベント情報といった広告はこちらのほうが充実しているかもしれない。僕は留学エージェント、ワーホリエージェントというものを一切利用しなかったけれどそういうのに似ていると思う。

英語版で一番良く使われているのはこのkijijiじゃないだろうか。kijijiもcraigslistもカナダやトロントに限らず世界で展開している。部屋探し、物の売買、職探しなど、語学学校に来ていた外国人はだいたいこのkijijiで済ませていた。ただしメッセージを送っても返事が来ないことが多かったりする。

トロントの日本語情報誌、TORJAのweb版。僕は全然見てないし利用していなかったけれど、トロント事情についての日本人向け情報を見て回ることができる。

このトロントオンラインというページ自体はそれほど見ていなかったけれど、この部屋探しに関する注意点は参考にした。見つけてから選ぶまで、よく使われる用語、選び方の解説など。トロントの部屋探しに関しては僕もいくつか書いたからそちらも参考になるかもしれない。

こちらも住むところを探すに当たっての参考。部屋の募集でよく使われるサイトなど、主に見つけるまでが中心になる。

カナダで銀行口座を開設するにあたって、銀行の比較をしたページ。僕はTDの口座を持っていた。銀行口座は時期によりキャンペーン等で口座維持手数料が変わったりするため、友人の紹介を受けたりするのも手だと思う。

TD Canada Trust

そのTDバンク、バンクーバーであれば日本語で口座開設もできるらしく、日本語での紹介ページがある。支店までの地図などわかりやすく載っている。トロントだと普通に英語で説明を受けなければならない。そこは気合だ。

僕は全く利用しなかったけれど、ランゲージエクスチェンジのトロントのコミュニティ。ランゲージエクスチェンジは日本人の女の子と外人の男の出会いの場と化していると言われるけれど、必ずしもそんなことはないと思うから興味があれば気軽に利用してみては。

ブログでトロントのカフェが紹介されている。僕もネットを使うためとかコーヒーを飲むためとか暇潰しでよくカフェを回っていたがこんなには行ってない。かなり網羅していると思う。2011年の情報だからやや古いかもしれない。老舗なんかは今でも残っているだろう。

Black Market Clothing

Queen通り沿いにある古着屋。トロントに滞在している日本人ならほぼ誰でも知っており、基本$10、セール時は$5で服なら何でも揃う。日本から服を持っていくのが馬鹿らしくなる。客の大半はトロントニアンです。店員ももちろん現地の人。僕は帽子やジャケット、カーディガンなどを買った。

この記事は本屋の紹介だけど、このブログはレストランやカフェなどトロントの街にあるものをいろいろランキングしたりしていて重宝する。「wi-fiの使えるカフェのランキング」みたいな細かい情報もあるため、現地情報を英語で欲しければ有効なんじゃないだろうか。

もっとあったんだけどリンク切れしていたり保存していなかったり、大まかにはこんな程度。あとは僕が自分で調べたことなんかもそこそこ活用できるかもしれませんので興味があればどうぞ。 

今でも愛してるぜトロント!