読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな題詠「短歌の目」8月

5月以来の参加です。一度詠み方を忘れてしまって、今回は新鮮な気持ちだった。8月で夏ということで夏のお題が多いけれど、あまり夏っぽくない、というよりはむしろ季節感のない歌ばかりになった。

スポンサードリンク  

1.ジャワ

自らを気づかせまいと遠くから語りかけてる目線ジャワジャワ

2.くきやか

ゆびさきにこさえてくれたみずぶくれ。にっくきやかんはそしらぬかおで

3.蝉

久々に笑った君のその顔は蝉を食べてたあの頃のよう

4.冥

「ご冥福お祈り申し上げます」と送られてきた選考結果

5.まつり

遠くから眺めるまつりの賑わいは画面の中の虚像に似てる

6.日焼け

天然の日焼けを着飾るあの頃の写真がもっとも輝いている。

7.くちづけ

横たわる君に最後のくちづけを。ただ水だけがほとばし落ちる。

8.風鈴

現代の若者たちは風鈴を知っているのか?見たことあるか?

9.菊

過ぎ去ったその日を拒むかのように床に散らばる菊の花びら

10.【怪談短歌】

通り過ぎ、振り向く顔も気にかけず足早になる。何か言ってる。