読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターウォーズ episode Ⅶ「フォースの覚醒」を想像する

映画

ネット界隈はスターウォーズの感想やレビューであふれている。現在劇場公開されているスターウォーズepisode7について僕が知っていることは

  • ルーカスが関わっていない
  • 副題が「フォースの覚醒」

それ以外無い。僕の認識ではスターウォーズはエピソード6、ジェダイの帰還で終わった。反乱軍?とルークが帝国(なに帝国?)を壊滅させて銀河の帝国支配が終わり、そこら中で花火が上がって平和になりましたよ、終わり。ラストシーンでは幽霊になったヨーダやオビ=ワン、アナキンことダースベイダーも出てきた。クワイ=ガン・ジンもルークと面識がないのにいた。ここから追加エピソードを加えるとなると、これまでの帝国を中心とした物語ではなくなる。もしくはオマケ外伝みたいな形で帝国の残党みたいなのはあり得る。そうでなければ全く新しい対立構造だろう。そこはちょっと想像が及ばない。もしかするとSFファンタジー路線は引き継がれるものの、従来の戦争物ではなくフォースが別の方向性で覚醒するのかもしれない。副題にもなっているフォースはジェダイの騎士が持つ特別な力、というかフォースが強い人が鍛えられてジェダイの騎士になる。ジェダイの騎士はその名の通り戦士だ。帝国が生まれる前、戦争が無い時期のジェダイは銀河の警察みたいなことをしていた。今回のエピソードでフォースは一体どのように覚醒するのだろう?ジェダイが警察みたいなことをしていた時代はまだ組織が大きくてそういうこともできたが、エピソード6が終わった時点でジェダイはルーク一人しかいない。フォースの覚醒というぐらいだからジェダイの物語が引き継がれるとして、活躍するのは爺になったルークではないだろう。それはちょっと絵的にシュール過ぎる(ヨーダや老オビ=ワンが主人公のスターウォーズを誰も見たくないように)。そうなると後継者が考えられる。後継者として候補に挙がるのはまずルークの子孫だろう。しかしエピソード6までの時点でルークには浮いた話がない。ハン・ソロと取り合っていたかのように見えたレイア姫はまさかの双子の妹だった。エピソード7でいきなり新展開新キャラこいつと子供作りましたということもできなくはないが、順当に考えればハン・ソロとレイア姫の子供が時期主人公として本命だろう。レイア姫はダースベーダーの子だから孫のフォースが覚醒しても血統的には申し分ない。しかしジェダイの戦い方はもはやルークしか知らない。ルークは老オビ=ワン的な師匠キャラとして登場できる。ただ、戦うと言ったって帝国は滅んだ。ルーク師匠を従えたハン・ソロの娘はフォースを覚醒させて一体誰と戦うんだ。ジャンプの王道で行けばここはやはり武闘大会だ。

銀河戦争の後、ハン・ソロはレイア姫と共に高速船ファルコン号による密輸業に戻った。そんな中で生まれたハン・ソロの娘は、平和になり用済みになった叔父ルークに無理矢理ながらハンドパワーと光る棒の剣術を仕込まれる。「こんなのいつ使うの?」「もうジェダイはおまえだけなんだ!!」という具合に。あまりにも興味がなかったソロの娘(ゾロ)は片手間に口にライトセーバーを加え三刀流鬼斬り!!虎狩り!!フォースの覚醒が始まった。そのまま舞台は天下一武道会へ、修業の成果を試そうと出場する。チャパ王やグルグルガムを撃破しつつも決勝戦にはどこかでみたことあるジジイ、しかもライトセーバー使い。萬國驚天掌など強力な技を繰り出すジャッキー・チュンはまさしくベストキッドでジャッキーチェンが師匠役をしていたこととリンクした。しかし月を見て1700万ゼノに達したブルーツ波を目から吸収したゾロはフォースが覚醒して大猿へと变化してしまうがジャッキー・チュンのライトセーバーで尻尾を切られ優勝をかっさらわれた。決勝で惜しくも敗退したゾロをルークは迎え、「世の中にはもっと強い奴がいるから己の強さに奢ることなく修行に励め」という教えを諭してまた修行の日々が続くのであった。