ゾゾゾの裏面で話題の新作を見た

心霊スポット突撃YouTubeチャンネル、ゾゾゾの新作が話題になっている。ゾゾゾは #29tizu の怜人さんが紹介していて知った。ゾゾゾについてはゲスワニコラボ企画で、怜人さんが全話レビューをやっていた。ゾゾゾ本編を全部見たあとに聞くとおもしろい。

さて、ネット上でも騒がれており公開から2日?で50万再生行っている噂の映像はこちら。

ゾゾゾの映像は後で問題になって消されることもあるから、早目に見ておいたほうがいいかもしれない。普段のゾゾゾは10分だったり15分だったり、長くても20分前後なのが今回は47分もある。Twitterでやたらと話題になっており、見てみた。

何だったんだろうこれは?いつものゾゾゾと同じで、幽霊が映っているとかそういうことはない。ただ噂の場所を訪問するだけ。怖いかっていうと、よくわからない。それよりも、何なんだろうこの映像は。ぜひ、後編をやってほしい。

ここからは映像のネタバレを含めた感想。まず最初に、今回みたいに関連人物が出てきたり噂の出どころをたどっていく構成って、限りなく「ほんとにあった!呪いのビデオ」的だなと思った。これまでのゾゾゾでは、ただ心霊スポットと呼ばれる廃墟を訪れてカメラを回し探索するだけだった。今回は、心霊スポットに落ちていた写真から、その写真の家まで訪れる。家は空き家と判明して、別の場所に住んでいる家の所有者に連絡を入れ、家の所有者に会って軽くインタビューのようなことまで行っている。今までにない長丁場の展開だ。

所有者より家の鍵を借りて、再び現場を訪れる。しかし、現場はどうも聞いていた話と食い違う。写真は「家を売るために撮った紹介用の写真」とのことだったが、家の中は当時の生活感が残っている。また、家の持ち主だった家族の遺影が机の上に置かれている。物件は「売り家」の看板もなく、家の中は生活感が残ったまま、机の上に遺影が放置されているなんて、とても売る気があるとは思えない。

そして、家の二階の違和感のある間取り。あとから増築されたような押入れと、二階の物置に放置された仏壇。まだ入っていない部屋があるのだろうか?また、写真に手書きされていた「高垣」という名字。所有者もその名字に思い当たるところがなかった。

さらに、最後まで映像を見た人が一番違和感を覚えた、死んだ弟とは全く別人の遺影。なぜ弟ではない人物の遺影が、両親の遺影と重ねて置かれているのだろう?彼が「高垣」なのだろうか?なぜ写真が遠く離れた新潟の心霊スポットの神社に捨てられていたのだろう?

怖い怖くないとは別に、わからないことが多すぎ。この映像は一体何だったの?と思ってしまった。続編を期待しています。

ゾゾゾは本も出しているみたいです。

読むゾゾゾ

読むゾゾゾ

  • 発売日: 2020/07/21
  • メディア: Kindle版

【4コマ漫画】落合陽平の10万ボルトTV -vol.1-

【4コマ漫画】落合陽平の10万ボルトTV -vol.1-