読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Letter from Kyoto書店

読書量は決して多くないんだけど、今まで読んだ本の中で人に読んで欲しい、何度でも読みたい、絶対的おすすめの本を並べてみたいと思った。このおすすめについては随時入れ替え、更新していきたいと思う。また、手元にある本なら欲しい人がいればあげます。

資本主義ってどうやって生まれたの?

プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

ヨーロッパで資本主義が育った理由、そしてアメリカで拡大した真相。

複雑な中東情勢を歴史からひもとく

世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)

複雑なことは、順をたどって見ていかないと本質にたどりつけない。 

村上春樹文学の根本にあたるリアリズム小説

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

全てはここから始まり、ここに帰結する。ような気がする。

いつかは俺も、ハードな旅行記

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

無理だけどやってみたい、やっぱ無理、そんな旅行をしている村上春樹。

体の内側にすっと入ってくる現代短歌

えーえんとくちから 笹井宏之作品集

短歌ってとっつきにくい?大丈夫です。この人だったら。

これ以上なくカオスなインド滞在記

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

ありえない生活、ありえない展開、本だからこそ覗き見できる現実世界。

人と社会に翻弄される少年

アメリカ (角川文庫)

ひたすらかわいそう、けど理屈っぽい。好きにはなれない。そんな人。

生きるにあたってどう折り合いをつけるか

フラニーとズーイ (新潮文庫)

俗世間とどうやって向きあえばいいの?そこのあなたの参考になるはず。

未知との遭遇、そして交流

謎の独立国家ソマリランド

アフリカにこんな国、あったんだ。このようにして、成り立っていた。

Letter from Kyoto 書店