6.12

BRUTUS京都特集号の評判がよくて、買おうか迷っている。具体的には忘れたけれど、けっこう凝った内容らしい。BRUTUSとかPenとかPOPEYEとか、こういう雑誌はごくたまに買う。今までシェアハウス特集だったり、映画とか本、写真の特集号は買ったことがある。しょっちゅうやってるんだけど。サブスクドラマ特集は欲しかったが買わなかった。

TRANSITの京都号も気になる。TRANSITは前からよく買っていた。そしてわれわれ都人、地元の特集号買いがちなのだろうか。まだ買ってないけど、僕は地元のことを全然知らないから、観光客に紛れていろいろ行ってみたい。

アイスコーヒーを作ると、多めに作るからついガブガブ飲んでしまう。こう暑いと、なおさらアイスコーヒーが進む。コーヒー豆の消費量が増える。捨てたガラを見ると、たくさん飲んだなーと思う。またそろそろ豆を煎らないといけない。先日家電屋に行ったら、家庭用のコーヒー焙煎機が売っていた。買うほどではないかなと思って手を出していない。5万とか10万とかするけど、安ければ買っていたかというとそうでもない。結局一度にそんなたくさんは焙煎できない。時間もそれなりにかかる。メンテナンスも必要。だったら手でやるか、となる。

ここ最近は本を読むのに疲れて、村上朝日堂ばかり読んでいた。疲れたときの、村上春樹エッセイ。スルスルいける。何に疲れたというわけでもなく、特に何もしていない。何もしてないのに疲れた。パソコン初心者がよく言うところの「何もしてないのに壊れた」。「読書の日記」も読んでいる。これも分厚いだけで、気負いせず読める読み物。

映画「孤狼の血」を見た。汚職警官が主人公の超ベタなヤクザ映画。「孤狼の血2」がそろそろやるらしくて、どうするんだろう?と思う。続きの内容なんて作れるのかな?