テバのサンダルを探す旅にでた

新婚旅行で海に行く予定をしている。しかし僕たちにはゾウリがない。ゾウリと言えばパートナーに怒られた。サンダルだ。旅行先では多分シュノーケリングとかもするから、履いたまま水中に入れる水陸両用の履物がほしいところだ。それも脱げないやつがいい。鼻緒やつま先だけで履くタイプではなく、かかとまでがっちりホールドしてくれるようなサンダル。そう思っていろいろ候補をみつくろう。若くはないけれど新婚なんだから、お揃いペアルックで買おうと。

今まで履いてきたサンダルたち

僕はそういうサンダルをアウトドアサンダルと呼んでいたが、パートナーが言うにはスポーツサンダルらしい。女性の間では去年流行ったそうな。過去に履いていたサンダルは、MERRELLのPortage webというつま先からかかとまで覆われているもの。これは何より、かかとが痛かった。かかとをホールドしているパッドがあるんだけど、その縫い目で靴ズレがおきて血だらけになった。足の皮が弱い。それでもなんとか履き続けていた。サイズも合っていなかったのだろう。

この投稿をInstagramで見る

新しい靴で靴擦れ

kawazoiさん(@kawazoi)がシェアした投稿 -

藁のサンダルも買ったことがある。これは足の甲を覆う布が伸びて履けなくなった。いずれにせよこのタイプのものは水中で履けない。

サンダルではないが、去年買ったランニング足袋は歩いているとつま先をぶつけてしまい、痛い思いをして帰ってくる。かかとが厚い靴に慣れてしまっているためふくらはぎが伸びず、靴底ペラペラはまだまだ慣れない。ミッドフット走法を身につければいいんだろうけど。

今回買おうとしているもの

過去の過ちを繰り返さないように、今度はしっかり試着してから決めようと思った。候補に上がったのはTeva、SHAKA、CHACO、Columbia、mont-bellといった定番ブランド。中でもスポーツサンダルの購入を検討したことがある人ならご存知だと思うが、TevaとCHACOは定番中のド定番であり、そのあたりでてきとうに選べばいいかなーと気軽に考えていた。パートナーの要望としてはつま先ガードがないやつがいいらしい。KEENは候補から外れた。

ではどこに売っているのだろう。Amazonやネットショップにはたくさん売っている。しかし試着するには取り扱っている実店舗を訪れないといけない。mont-bellは直営店がある。それ以外は、京都だとアウトドア用品の店や靴屋で限られたモデルを取り扱っているぐらい。ラインナップをたくさん仕入れている店は全然なく、セレクトショップで一部置いているのが主流のようだ。

とりあえずmont-bellの直営店と、藤井大丸へ行くことにした。

mont-bellで評判のいいサンダルを見てみたが、パートナーはデザイン的に違うと感じたらしく、見送りとなった。よし、次は藤井大丸へ向かおう。

閉まっていた。月に2日しかない定休日だった。最悪だ。京都に直営店がない他のブランドは全部藤井大丸まかせだった。あとがない、どうしよう。とりあえず近くの高島屋やてきとうな靴屋を見てみたが、メンズもレディースも同じモデルとなると置いていない。ひとまず近所の喫茶店に入り、置いている店を再び検索してみた。

探し回りさまよい歩く

わかりやすいのは、アーバンリサーチドアーズが三条にある。いくつか置いているだろう。しかし遠い。外は炎天下だ。それでも、とにかく僕らは寺町通りのアーケードの下を、三条に向かって歩き出した。途中にあるロフトマンという店にも、いくつかのブランドが置いているっぽい。レディースの店も隣りにある。近い方のロフトマンにまず入った。

あった、いくつかあった。Tevaだけでも色形種類がある。靴ズレしなさそうなハリケーンを選び、店員にサイズを言った。僕は足のサイズ24.5なんだけどTevaは0.5きざみのサイズ展開をしていないらしく、一番近い25は色も形も一つしかなかった。もうそこで購入。アーバンリサーチドアーズまで歩く必要はなくなった。

この投稿をInstagramで見る

Teva Hurricane XLT2

kawazoiさん(@kawazoi)がシェアした投稿 -

僕は買えた。次はパートナーの分を買うためにとなりのレディースの店に入る。同じモデルは、あるにはある。しかし色形は黒の一種類しかない。パートナーはむしろ黒がいいと言っているから店員にサイズを伝えると、なんと在庫がない。先週完売して新たに入ったものもサイズが限られていたそうだ。今後の見通しは立たない。この店はあきらめて、やはりアーバンリサーチドアーズに行くしかないのか。

ロフトマンを出て再び寺町通りを北上し始めた。何を買うか決まったから、途中の店で売っていれば買ってしまおうという気持ちで商店街の両側の店をチラ見しながら、一応はアーバンリサーチドアーズを目指して歩いていた。すると、店舗の入り口に飾られているTeva ハリケーン黒。これはもしや、と思い足を止めて中に入った。PRATHという店だ。

ロッカーに囲まれた、問屋のような店。中の方に入ると、またもやTeva ハリケーン黒が置かれている。他の色や形は見かけない。店員に「レディースの24はありますか」と聞いてみたら、あった。周りをよく見たら箱が山積みされている。どんなサイズでもありそうだ。黒一色だけだけど!

パートナーは試着をしてみて、良さそうだったから購入。なぜか2割引。今のタイミングで、京都でTeva Hurricane XLT2 黒を探している人がいたら、PRATHに行けばメンズでもレディースでもあると思います。しかも2割引。黒一色だけどね!

サンダルは素足で履くため、余計に靴ズレが心配になる。つま先がつんのめったりサイズ感だったりで、試着して買いたい層も多いんじゃないだろうか。Amazonのようなネット通販でも一応試着はできるが、手間がかかる。たまに実店舗で試着してネット通販で買う人もいるけれど、僕は倫理観からさすがに…。靴の履き心地は足それぞれだから他人の意見はあまり参考にならない。僕はどうやらTeva のハリケーンと、長くやっていけそうだ。実店舗で試してみたい人は、京都ならロフトマンか、黒でよければPRATHにたくさんある。メンズ・レディース両方。行かなかった藤井大丸やアーバンリサーチドアーズにもあると思う。