ハヤカワSFのKindle版がセールだって

ここ見て知った。

以前から読みたいと思っていた本がたくさんあったのに、つい買うタイミングを逃していたハヤカワSF。この機会しかないと思って買い漁った。SF初心者の僕が買ったのは以下。

グレッグ・イーガン

ディアスポラ

ディアスポラ

名前だけ知ってるグレッグ・イーガン、実は一冊も読んだことがない。

その他グレッグ・イーガン作品

1984

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

これは内容もなんとなく知っているが、まだ読んでいなかった。村上春樹の1Q84にも出てきた。

カート・ヴォネガット

スローターハウス5

スローターハウス5

同じカート・ヴォネガット・ジュニアでも「タイタンの妖女」よりおもしろいと言われて気になっていた。

その他カート・ヴォネガット作品

泰平ヨン

泰平ヨンの未来学会議〔改訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

泰平ヨンの未来学会議〔改訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

スタニスワフ・レムの泰平ヨンシリーズで、唯一電子版になっている未来学会議。映画化もされている。

人類補完機構

スキャナーに生きがいはない 人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

スキャナーに生きがいはない 人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

アルファ・ラルファ大通り  人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

アルファ・ラルファ大通り  人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

やたらと評判が良かったから買った。中身は全然知らない。なぜか3巻だけセール対象外。

セール対象は他にも多数

ラインナップでは映画ブレードランナーの原作である「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とかメッセージの原作「あなたの人生の物語」、オデッセイの原作「火星の人」など、映画原作が人気っぽい。SF映画はどれも人気作ばかりなのに、小説やマンガとなるとSF人気がそれほど一般的じゃないのは何故なんだろうと考えていた。

おそらく、映画は映像表現だから、今まで見たことのないようなSF的映像が集客に繋がるんだろうけど、小説は文字表現だからパっと見で与える印象が弱いため、SF映画ほど人気が出ていないのだと思う。原作としてこんなにも強いのにね。今回はけっこう古典SFを買った。本当は最新SFであまりハードじゃないやつが読みたいから、おすすめがあったら教えてください。セールは11/20まで。

Kindleストア : 【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール(11/20まで)

既に読んだやつ

今までに読んだSF小説もセール対象になっている。