読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業訓練1日目

なんというかまあ、いくつか発見があった。

朝9時半からなんだけど、雨が降っておりバスに乗って行ったから時間の感覚わからなくて9時に着いた。
「まだ準備できていないんで入れません」と言われた。そんなもんか。

時間10分前に再度行ったら、だいたい席が埋まっていた。人が少ない。
どうやら13人らしい。このコースの定員は24名だったので、超定員割れしたということになる。しかも下限が15人でそれ以下しか集まらなかったら訓練自体の実施がなくなると言われていたのに、なくなっていない。
あんな面接で通った理由がやっとわかった。

話を聞いていると、どうやら同時に募集していた経理事務の訓練には60人ぐらい応募があったらしい。Web屋、人気ないなー。汎用性を考えるとしょうがないか。
応募のタイミングもあったかもしれない。僕が申し込んだのは7月で、何をするにも閑散期のど真ん中にあたり、人が少なかったのかもしれない。経理事務は多かったけど。

ビジネス英会話の訓練もあって、そのうち英語圏に行こうと思っている身としては本気で迷った。けれど、そっちを申し込んでいればおそらく落ちていただろう。人気ありそうだから。
まあ、ビジネスなんとかという凝り固まったのは好きじゃないから、英語圏で学べばいいじゃないか。
せっかくだから、知りたかったwebの内側をかじることになりました。

さて、そのWeb屋だけど、初日に

「未経験から3ヶ月訓練を受けたぐらいではWeb屋になれない」

と言われた。まあそりゃそうだろう。専門学校でも2年とか通うんだから。そんな訓練になんの意味があるのかって考えたら人気もないのかもしれない。個人的にはWordPressTumblrのテーマぐらい一から作れたらそれで十分です。

1日目は説明とか自己紹介で終了。説明を聞く限りでは、やはりここはWeb屋の学校というより就職支援学校だった。そのへんはちょっとめんどくさい。
教材を買わされたが、1万超えたのでDreamweaverぐらい買えるのかと思ったら全部書籍だった。残念だ。

内容的に、この職業訓練日記が続くことはない。発見があった時だけまばらに更新するとしよう。

関連:職業訓練の試験と面接について
   職業訓練について補足

「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)