読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「西南シルクロード」と「ソマリランド」の違い

旅行

欲しいものリストでいただいた本は次に読みます。「西南シルクロードは密林に消える」を読み終えた。この本は高野本の中でもファンの間で1,2を争う人気本であり、評価も非常に高い。高野さんの早稲田大学探検部の後輩であり、ノンフィクション作家の角幡唯介氏もこの本を読んで探検ノンフィクションを志すようになったとか。高野さん本人も、自身の勝負作として「アヘン王国」「西南シルクロード」「ソマリランド」を挙げている。そんな「西南シルクロード」だけど、実は全然売れなかったそうだ。「アヘン王国」が敬遠されたのはテーマ設定的になんとなくわかる。しかし「ソマリランド」が大ヒットして賞を取り、なぜ「西南シルクロード」はこうもファンに評価されながら一般的な評価は受けなかったのか。実際に読んでみて、確かに面白かった。面白かったけれど、一方で「ソマリランド」が大々的に評価され、「西南シルクロード」が知る人ぞ知る日陰者の道をたどったのは、なんとなくだけど理由がわかったような気がした。

スポンサードリンク

 

「西南シルクロード」とはどういう本か

まず、シルクロードというのは実は2つあるそうだ。メジャーなのは中国から中央アジアを抜けてヨーロッパにたどり着く北側ルート。そしてもう一つ、中国の蜀から東南アジアを抜けてインドへたどり着く西南ルート。こちらはマイナー中のマイナーであり最も古いシルクロードだと言われているが、中国の古い文献を頼りにわずかな人が研究する程度で、交易ルートも細かい部分がはっきりしていない。歴史的にはまだまだ未知であり、なおかつ第二次大戦以降に誰かが踏破したという記録もない。

そんな「西南シルクロード」の戦後初踏破を目指し、一念発起して中国に飛び立つ高野さん。実はワケがある。当時高野さんは30代半ばにして2年近くどん底の精神状態に陥り、毎日寝てばかりの引きこもり生活を送っていた。友人と酒の席で口を滑らせたことがきっかけになり、社会復帰の意味合いを込め、もう一度未知への探究心を取り戻すため、高野さんは「西南シルクロード」という考古学ロマンを追いかける旅に出たのだった。

辺境ノンフィクション

「西南シルクロード」は、中国の蜀があった成都からインドのコルカタを目指すルートになる。そのためには途中ミャンマー北部を経由しなければならない。そこはミャンマー国家からの分離独立を望み、闘争中のカチン州と言われる地域にあたる。いわゆる反政府ゲリラの拠点となっている。その先にはインドからの分離独立を望み闘争中のナガランド州がある。戦後長い間踏破されていない訳もそこにあった。中国国境からミャンマーの少数民族ゲリラ支配地域なんて、入国許可が降りるわけもない。高野さんはかつて知りあった別の反政府ゲリラであるシャン人のつてを頼り、今回のルートを渡るためのコネクションを得ようとするが、果たしてそんな話はうまくいくのだろうか、当然それはうまくいくわけがなかったり、運良くうまくいったり。という流れがこの本の主題となってくる。これはもう、一般人に真似できる旅行などではなく命がけの冒険譚である。

「ソマリランド」との違い

少しネタバレしてしまうと、この本で西南シルクロードの謎は厳密には明らかにならない。冒険が大変すぎることに加え、紀元前には既に存在していたと言われるそのルートが古すぎて、それまでの間に文化、国家、宗教などが入れ替わったり交代しているため資料や痕跡が少なく、そこに住む人々の実感にも残っていない。古くからある養蚕の歴史など、文献の記述と符合する部分を各所で見かけはするが、決定打に欠ける。そして高野さんは、全てを飲み込む密林へと入ってしまう。西南シルクロードはタイトルの通り、密林の中に消えてしまっている。

「ソマリランド」については現時点の謎であり、歴史を辿ったところで分断もなく、高野さんの行動力と分析力で今そこにある国家の謎が明らかになった。「ソマリランド」の魅力は異世界のヴェールに包まれた現場を写実的に描くだけでなく、その背景や成り立ちを解明していく過程にもあった。しかも非常に複雑である氏族社会の仕組みを、事実を事実として述べるだけでなくこれ以上にないぐらいわかりやすく解説していた。そこには今まで未知で難解だったソマリ社会を明らかにしたという一つの大きな成果があり、文化を学ぶ上で十分な価値がある資料としてできあがっている。2つの本の大きな違いはそこにあると感じた。

一方は「西南シルクロードの謎」というタイトルになっておらず、登場した謎はそのほとんどが謎のままで終わってしまう。現地ではノンフィクションとして信じられないような体験を繰り返しており、純粋にそこがメインの冒険スペクタクルロマンの本となった。もう一方は探検というより「ソマリ文化」という未知との遭遇、接近、解明が主なテーマになった。「ソマリランド」ではこれまで知られていなかった多くのことが高野さんの行動と本により明らかになり、題材や内容の進め方としてもこちらのほうが一般人や賞に受けが良かったのではないだろうか。

あなたはどの高野本を選ぶ?

2008年のファインイベントによれば、高野さんのファンが選ぶ作品ベストスリーが発表されている。

私のベスト3は
1.『アヘン王国潜入記』
2.『西南シルクロードは密林に消える』
3.『ワセダ三畳青春記』
さすがコアなファンの集まり。一般的にはさほど人気がない(というか文庫化されていないため読んでいる人が少ない)「西南シルクロード」が2位に来て、
「ムベンベ」がランク外とは。
ある意味でベストより気になるワーストは
『神に頼って走れ』&『極楽タイ暮らし』
う、痛い。
自転車本は、旅は最高によかったのに、ブログをそのまま本にするという作戦が失敗だったんだなあ…。

日曜日のイベント

「アヘン王国」はまだ読んでいないが、「西南シルクロード」の冒険と「ソマリランド」の謎の解明を足したような内容になってファンが選ぶ堂々の1位なのだと思われる。一般的に受けなかったのはアヘンという題材がハード過ぎたからじゃないかなと予想する。そのうち読みたい。3位の「ワセダ三畳青春記」は高野さんが家賃1万2000円のアパートに住んでいた頃の自伝であり、他の著書とは作風が違うけれど発売当初から人気作だった。これが2008年で8年前になるから、今集計を取ればどういう結果になるだろう。ソマリランド以降も「西南シルクロードがベスト」というファンの声はあり、好みが分かれるところだと思うので、いろいろ読んで判断して、自身のマイ・ベスト高野本を見つけてほしい。

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

 

Letter from Kyoto書店

読書量は決して多くないんだけど、今まで読んだ本の中で人に読んで欲しい、何度でも読みたい、絶対的おすすめの本を並べてみたいと思った。このおすすめについては随時入れ替え、更新していきたいと思う。また、手元にある本なら欲しい人がいればあげます。

資本主義ってどうやって生まれたの?

プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

 

ヨーロッパで資本主義が育った理由、そしてアメリカで拡大した真相。

複雑な中東情勢を歴史からひもとく

世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)

世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)

 

複雑なことは、順をたどって見ていかないと本質にたどりつけない。 

村上春樹文学の根本にあたるリアリズム小説

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

全てはここから始まり、ここに帰結する。ような気がする。

いつかは俺も、ハードな旅行記

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

 

無理だけどやってみたい、やっぱ無理、そんな旅行をしている村上春樹。

体の内側にすっと入ってくる現代短歌

えーえんとくちから 笹井宏之作品集

えーえんとくちから 笹井宏之作品集

 

短歌ってとっつきにくい?大丈夫です。この人だったら。

これ以上なくカオスなインド滞在記

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: グレゴリー・デイヴィッドロバーツ,Gregory David Roberts,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/10/28
  • メディア: 文庫
  • 購入: 11人 クリック: 374回
  • この商品を含むブログ (39件) を見る
 

ありえない生活、ありえない展開、本だからこそ覗き見できる現実世界。

人と社会に翻弄される少年

アメリカ (角川文庫)

アメリカ (角川文庫)

 

ひたすらかわいそう、けど理屈っぽい。好きにはなれない。そんな人。

生きるにあたってどう折り合いをつけるか

フラニーとズーイ (新潮文庫)

フラニーとズーイ (新潮文庫)

 

俗世間とどうやって向きあえばいいの?そこのあなたの参考になるはず。

未知との遭遇、そして交流

謎の独立国家ソマリランド

謎の独立国家ソマリランド

 

こんな国、あったんだ。このようにして、成り立っていた。

Letter from Kyoto書店

ブロガーとしての高野秀行

ネット

最近立て続けに高野秀行本を読んでいる。25年以上の作家としての経歴を持つ高野秀行氏なんだけど、2004年から12年に渡り今もブログを更新されている(不定期)。作家によるブログというのは珍しくないが、これほど早い時期から始め、長い間ずっと続けている人をあまり知らない。それも作家としての業務的な活動報告にとどまらず、数多くの書評、映画評から音楽、料理、趣味の話など日常生活の話も含め内容が多彩でなおかつ面白い。ブロガーという言い方は適切ではないが、ブログだけでも十分に面白いため、高野本を読んだことがない人にも高野秀行ブログをおすすめしたい。

続きを読む

「未来国家ブータン」を読んだ

旅行

「謎の独立国家ソマリランド」「恋するソマリア」に引き続き高野秀行本を読んでいると旅行熱が湧いてくる。旅行熱、もともとあった旅行熱だけど、気持ちがより具体的になってくる。しかし行き先は見当たらない。どこに行って何をしたいか、予算や日程などを考えるとどうも具体化できない。それはさておき、3冊目として「未来国家ブータン」を読んだ。ブータンにもともと興味があったかと言えば全然なかった。比較的最近の本だから読んだというぐらい。本を読み終えてブータンへ行きたくなったかと言えば、俄然行きたい。しかしブータン旅行は非常にお金がかかるため(2泊で20万以上)予算に計上できず候補にならない。それでもとにかく行ってみたいブータン、この本で触れられていたブータンの魅力も踏まえ、感想を書いてみる。同じ遊牧民でもソマリランドとは全く違い、終始穏やかだった。

続きを読む

子供を持たないということ

「子供がほしいから結婚したい」という言葉を今まで何度も聞いた(男女問わず)。そういう考えは個人の自由だから口を挟むのは余計なことなんだけど、「子供がほしいから」と言われて結婚された相手は不憫だなと思う。だってそれは子供中心の考えであり、肝心の結婚相手はどうでもいいってことになる。そこで「どうでもよくない、結婚相手はもちろん大切な人を選ぶ」という二次的な意見が出てきたとしても、それは相手が良い子供の遺伝子を持つから、良い生育環境を持つための口実に過ぎず、子供中心であることには変わりない。やはり肝心の結婚相手はないがしろにされているのだ。仮に子供ができなかったとしたら、果たしてどうするのだろうか。離婚するのか。不妊治療を受けたり代理出産をすることもある。それでは、もし子供ができないことがあらかじめわかっていたとしたら?結婚する前にわかっていたら、それでも結婚するだろうか。付き合う前にわかっていたら、付き合うだろうか。「子供がほしいから結婚したい」と言う人はNOだろう。子供ができない相手など、選択肢にも挙がらないだろう。それはまるで種馬、産む機械のようだ。相手を人間として尊重する関係ではない。だから、愛されていない、もしくは子供のついでに愛される結婚相手が不憫だと思う。

続きを読む

日記

日記

ほしいものリスト?

昨日Amazonからうちになんか届いたらしい。しかし、僕は今現在自宅に戻れていないため、中身を確認できていない。何やら2つ届いたみたいで、二人なのか一人2つなのかも定かではないが、送ってくれた人ありがとう。誰が送ってくれたのか、何を送ってくれたのかわからない状態だけど、とりあえずありがとう報告。私もそのうち誰かに何か送って、リレーのバトンを渡したいと思います。

続きを読む

「コンビニ人間」は普通の小説だった

f:id:kkzy9:20160816154352p:plain

この本を勧められたとき、「すごく変わっているから」と言われたんだけど、「すごく変わっている」と言われれば言われるほど普通の小説としか思えなかった。果たしてこれを「すごく変わった小説」と感じた人は他にもいるのだろうか。僕のように「ごく普通の小説」と思った人は多いんじゃないだろうか。と言うのも、僕がそう感じるように、おそらくそう感じる人が多いだろうという実感というか、手応えのようなものが経験上あったからだ。だからこれを読んで「違和感」だとか「変わっている」という感想のほうが僕にとっては遠い。めちゃくちゃ遠い。この物語に書かれているような主人公は非常にわかりやすく、言うならば入り口にいるような人だから、その入口にさえ踏み込んだことがない人にとっては「変わっている」小説かもしれないけれど、そのずっと奥にいる人にとっては、遠い昔に通り過ぎた風景であり、その入口付近の雰囲気が懐かしいとさえ思えるのではないだろうか。

続きを読む

「恋するソマリア」を読んだ

旅行

「謎の独立国家ソマリランド」が発売され話題になってから2年後の2015年、続編として「恋するソマリア」が発行された。前作は多くの人に読まれたが、今作は果たしてどれほどの人が手に取っただろう。確かに前作ほどのインパクトはなかった。謎に満ちた国家の全貌は、前回ある程度明らかになり、今回も新たな発見はたくさんあったものの、劇的な発見は乏しかったかもしれない。今回は主に、ソマリランド、ソマリアで暮らす人々の生活や、文化、習慣がよりクリアになる、具体的には家庭内でのこと、美容や家庭料理、ソマリ音楽といったことが明らかになるような体験談だった。今回の著作のほうがソマリ人ひとりひとりの現実に即した生活の実態を描いており、前作で明らかになった国家の全貌というものに興味がないような人にとっては、今回の方が面白いと思う。前作を読んでいない人は前作の方から読むことをおすすめする。読んだ人でその後が気になっていたら、今作も面白く読めること間違いないだろう。僕自身は前作とぶっ続けで読んでしまった。

続きを読む

「謎の独立国家ソマリランド」の続き

旅行

高野秀行さんの「謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア」を読み終えた。高野秀行さんは以前TBSのクレイジージャーニーに出演しており、最強のクレイジージャーニーは誰か?という内容でブログでも少し触れた。「謎の独立国家ソマリランド」は2013年に発売され、ほどなくして話題になりネット上でもかなり有名になった。実際にこの本を読んだ多くの日本人が、ソマリランドを訪れた。僕は最近になって読む機会に恵まれ、今日ちょうど読み終えたところだ。ソマリランド行きたい。そして続編「恋するソマリア」を読みたい。 

続きを読む

ヒモになりたいヒモになりたいヒモになりた

スピッツの曲で「猫になりたい」というのがある。家庭で飼育されるペットという名の愛玩動物は、言うならばヒモのような存在ではないだろうか。とりわけネコというのは躾されるわけでもなく、飼われながらも自らのペースで自由気ままな日々を過ごす。まるでヒモ野郎だ。飯と居場所を確保しながらも、飼い主に決して媚びることなく、行動を共にすることすら稀である。それにもかかわらず、堂々とした立ち振舞い、このヒモ野郎め!という嫉妬の思いが、飼いネコを見るたびによぎる。猫になりたい。それはつまり、ヒモになりたいという意味ではないか。

ヒモという名のベンチャー企業

続きを読む

社会のどの位置にいて、どの位置を目指すか

f:id:kkzy9:20160813161638p:plain

罪と罰の終盤において、ラスコーリニコフに訪れたその先の救いのようなものはまだ全然見いだせていない。あれは一体何だったのか。慎ましい日常の中にある一時の安らぎみたいなものか。あの本では最初のテーマとして、ナポレオンの話があった。英雄であれば何をやっても許されるのではないか。ラスコーリニコフは自らが許される存在か否かを確かめるため犯行に及び、自滅した。そこには英雄に対する憧れと、現実の自分との差に打ちひしがれる様子があった。こういった罪と罰の解説や粗筋についてはどれ一つとして納得するものがなく、特にリザヴェータについてそんな話はしていないだろうと思うんだけど今回それは置いといて。世の中においては、許されるか許されないか、という一つの基準で分けることができる。受け入れられる人たちがいて、その一方で排斥される人たちがいる。どちら側に属するかは、生まれながら決まっているように感じる。ナポレオンは極端だが、人に許容される要因の一つは、明るさ、社交性になるのだろう。明るい未来と社交性だけで、例え能力が無くても人は受け入れられる。どこでも受け入れられる。明るさと社交性をもってして人とつながり、その輪を広げていくことができる。人に受け入れて欲しければまず、まばゆいばかりの明るさを振り撒き、世界を一つにするぐらいの社交性をもってして人と接してみようではないか。それが生まれながらに持ち合わせなかった偽りの社交性、明るさであったとしても、ある程度は誤魔化せる。そこから先は、いかに自分を隠すか。

続きを読む

ぼくの欲しいものリスト

ネット

えーっ、欲しいものリスト、あります。Amazonのあれ、公開してます。

何載せてるかって?そりゃあ欲しいものです。まずはこちら、

ライカ ライカ SL(Typ 601)【ボディ(レンズ別売)】

ライカ ライカ SL(Typ 601)【ボディ(レンズ別売)】

 

カメラです。往年のライカからフルサイズミラーレスが出ました。94万します。くれるって言うならください。そんなものリストに入れてたって、誰もくれるわけないって?知ってます。むしろ送られてきたら引きます。次、

これもカメラです。ライカMモノクローム、こっちは100万超えてます。しかも名前の通りモノクロ専用のカメラです。使い勝手狭い割にこのお値段、プライスレス。次、 

じゃあレンズとかどうすか?欲しかったんすよね、35mmのズミルックス。え、値段?なーに、たかがレンズですよ、58万します。送れるもんなら送ってみろって、しつこい?しつこい?次、

SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

 

またカメラかよ、いい加減カメラから離れろって?でもこのカメラは違います。さっきまでの100万クラスじゃありません。たった17万です。ほら、そろそろ普通に見えてきたでしょう?ソニーのフルサイズミラーレスです。α7Ⅱは3パターンあって、その中でも無印は一番平凡で値段も安い。先日カメラ屋で触ってきました。その小さい筐体と高機能の両立、普通に欲しいです。どうです?送る気になってきたんじゃないですか?

いや、マジで送ってくれてもいいんだよ?全然、大歓迎。でもせいぜい大富豪のポケットマネーぐらいにしてくれないと、普通の人からこんなの送られてきた日には、ガチでプレッシャー半端ないから、ドン引きですから、俺見返り何も提供できませんよ。いやあ、本当カメラ周りって高いですよね。

普通の本とかも入れてます